中堅・中小企業経営者に求められる能力 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中堅・中小企業経営者に求められる能力

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は中堅・中小企業経営者に求められる能力についてのお話です。

以前ブログでご紹介させていただきました、先週放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」を昨日見ました。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080219/index.html

中堅・中小企業の経営者の皆さんは、見てどのようにどのように感じましたか。

私が一番気になった言葉は、中小企業経営者の片山さんが述べた「中小企業1社ではできることは限られている」という趣旨の言葉です。

片山さんは上記の言葉を踏まえ、業種にこだわらず多くの中小企業を巻き込むことで、新たな機械を開発しています。

私も彼の考えには全く同感であり、これからの中堅・中小企業経営者にはこの「他企業を巻き込む力」が非常に重要な能力になってくると思っています。

他企業を巻き込むためのスタイルは、自分の強みを生かしたスタイルを確立すればよいでしょう。行動力を生かす、営業力を生かす、論理展開力を生かすなど方法は様々です。

その自分の強みを生かしながら、リスクを最小化するためにプロジェクトをマネジメントしていくことが重要です。

「連携」よりさらに一歩踏み込み、自らが主体となって「他企業を巻き込む」ことで、問題解決の選択肢は広がりを見せるでしょう。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)