やりたいことなら、おもしろがれる - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

石崎 公子
travessia 代表
東京都
ヒキダシスト/Comunication Specialist

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やりたいことなら、おもしろがれる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般


前回のコラムで、元東京都知事だった石原さんの言葉を紹介しましたが、
今日はさらにずっと昔の東京都知事だった方の言葉を紹介しようと思います。

「仕事って、面白がってやっているやつにはかなわないんだよ」

これは、だいぶ前の東京都知事、青島幸雄さんの言葉だそうです。
私が注目している、地域活性化のためのポータルサイト、Lactivatorで紹介している記事をみつけました。

Lactivatorは地域活性化活動をする人たちの為に作成されたポータルサイトで、地域の名産品開発、イベント等を応援するためのノウハウやアドバイスなど、わかりやすい記事が充実しています。

その中で地域活性化活動がうまく行っているところとなかなかうまく行かないところと何が違うのか?について書かれている記事がありました。
その明らかな違いとして、「楽しんでいるかどうか」を、挙げていたのでした。

でもこれは、地域活性化に限ることではありませんね。

ちょうど昨日、私は「自分らしい働き方・生き方」を考える勉強会を開催したばかりで、
そのテーマは、「できること、やりたいこと、求められること」。
私は常々、どんな人も、それぞれが自分に合った形で気持ちよく働くこと、
気持ちよく生きて行くことを目指していこう、と強く思っているので、
勉強会では、そのために「キャリア」というものを根っこから考え直し、
各々が自分の自分らしさを今一度考えていくものでした。

勉強会では、自分が本当にやりたいこと、自分の志向する方向に向かっているかを考えるときには、やりたいことにフォーカスしながら、今のスキルや求められていることを考えて行きましょう、と提案しています。

やりたいことであれば、面白がれる。
面白がっている人は、夢中になるし、ワクワクする。
そして、どんな人でもワクワクしている時の顔は、輝いています。

周りの人にも、そのワクワク感は伝染するものですし、例え一緒に面白がれなくても、周囲がつい応援したくなるのではないでしょうか。
あなたの周りにもいませんか? そういう人。 

だから、働き方を考える上で、生きることを考える上で、
まずやりたいことにフォーカスしていくのがいいと、私は思うのです。

もちろん、世の中はそう甘いものじゃないんで(苦笑)、やりたいことだけをできるわけじゃありません。
でもやりたい要素を探し、面白がれる要素をいろいろ探しながら、
進んでいくことが、きっと本人にとって心地よいはずですし、
結果的に高パフォーマンスにつながって行くのだと、私は確信しています。



 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

石原元都知事の言葉「心ワクワクドキドキだよ」から 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2012/11/07 00:10)

今月は、勉強会月間 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2012/08/20 17:54)

誰のため? 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/11/14 08:40)

思いやり 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/09/25 20:49)

実践 K:工夫について 川西 こうじ - ファイナンシャルプランナー(2013/09/14 11:14)