現場を知ることの強み - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現場を知ることの強み

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はビジネス現場についてのお話です。

最近、ある経営者の方と話をしていて、現場を知ることの強みについて、話題になりました。

現場を知っていると強い。現場を知らないと話が合わない、通じない。というような話になりました。

例えば、IT業界の場合、システム開発現場を知っている。設計、プログラミング、テスト、インフラ導入といった、いわゆる下流工程を経験している、知っているということになります。

このような、システム開発現場の多くは、決して楽ではないし、身体面、精神面のプレッシャーも大きい。だからこそ、その現場を知っている経験が重要になるわけです。

プロジェクトマネジメント、コンサルティング、要件定義などの上流工程といった、世間一般で付加価値が高いと言われているビジネスを進めていくにあたり、システム開発現場を知ることが強みとなることは言うまでもありません。

現場を知らないと表面的で薄っぺらい話しかできませんから。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

世代交代(2016/11/17 09:11)

業務の効率化や標準化(2016/10/27 10:10)

このコラムに類似したコラム

特許庁システム開発中止問題 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/08/04 11:23)

システム開発に求められる幅広い視点 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/12/03 10:58)

ドローンのビジネス活用 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/06/23 09:31)

2014年各種端末出荷台数予測 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/04/05 16:06)

2014年国内IT市場 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/03/25 09:40)