実際、そんな使いません - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

実際、そんな使いません

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、法人について。

株式会社と合同会社の差異を中心に選択について少し。

株式会社は大きい組織に向けての規定が沢山あります。


お金の出し手と経営が異なり、法人は基本不死である。

これは現代経営の大前提…なのですが、こと中小零細企業の

実際を考えてみると、非常に馬鹿げたお話だと断定せざるを得ません。


まず大前提として出資と経営が別であることはあまりありません。

事業を開始するなら自分のお金を投じる。

出資者=社長さんというケースが大半を占めるのではないでしょうか。


そして零細企業は不死などではありません。

社長さんが亡くなってしまえばその存在は風前のともしびです。

というより、結局は社長さんその人そのものであることが大半です。

私も少し前の更新で


・基本は個人事業の感覚


と紹介しています。

そう、法人を使うのはせいぜい税金対策が目的なくらいです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

色々とやりたいことがあるなら 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/09 01:00)

お金の色分け 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/06 01:00)

向き不向き 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/05 01:00)

代表取締役という肩書き 高橋 昌也 - 税理士(2012/11/25 01:00)

使わないなぁ、という規定が多い 高橋 昌也 - 税理士(2012/11/24 01:00)