性善説と性悪説 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

性善説と性悪説

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

人間の本性を示す言葉として性善説と性悪説があります。人間は生まれた時から清らかで良いことを行えば気持ち良くなり、基本的には良い行動を行おうとする行動に基づく考えが性善説です。
性悪説は、人間は生まれながらにして、自己保存の本能があるから、他人を蹴落としてまで生き残ろうとし、それを理性で抑えているだけだと考えるのが性悪説です。

どちらが正解でどちらが間違いと云うものではりません。人間にはそう云った二面性があると云う事です。
法律の作成には欠かせない考え方で、性善説に基づくか性悪説に基づくかで、法文の書き方が変ります。

性善説に基づく法律は禁止事項を定めます。「○○はしてはいけない」「○○以上でなければいけない」とか禁止事項を定めていますので、定められた禁止事項以外は何をしても良いと云う事になります。
建築基準法は禁止事項を定めた、性善説に基づく法律です。建築確認申請は法律に違反していないか、法文に照らし合わせて確認するだけで、確認書通り施工されていなくても法律に違反していなければ適法です。
悪意を持って悪い事をしようと思えば、禁止事項さえ守っていれば何をしても勝手です。姉歯事件の様に禁止事項さえ守らない不届き者もいますが、法文条項の隙間をすり抜けて建築確認を通してしまう、本当の悪者はもっと数多く存在します。法文の意図するところを正確に把握して正しく用いないと、建築主に危険や迷惑が及びます。

性悪説に基づく法律もあります。許可申請がそうです。都市計画法に基づく開発申請は許可申請です。許可申請はしても良い事を定めています。つまり許可された事以外はしてはならないのです。拘束力としては此方の方が的確で管理は簡単ですが、自由度が少なく利用する側の不満が付きまといます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

このコラムに類似したコラム

建築及び消防検査 松永 隆文 - 建築家(2014/02/14 17:28)

地鎮祭 松永 隆文 - 建築家(2013/08/27 20:12)

人生の青写真も軽微変更していこう。 岩間 隆司 - 建築家(2013/05/07 19:12)

耐震等級 福味 健治 - 建築家(2013/02/07 08:36)

今日初めてあったのに・・。 杉浦 繁 - 建築家(2012/11/12 16:27)