火災保険の保険金額 - 保険選び - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火災保険の保険金額

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険 火災保険
火災保険の保険金額を決めるとき、

「何かあったときに1000万円出ればいいから、それで設定してよ」

と言われることがありますが、ご注意下さい。


火災保険の保険金額は基本的に契約者が自由に設定できますが、事故の損害が部分損害であった場合にはその設定の仕方で支払われる保険金は異なります。
下記3パターンをご参照下さい。


(1)建築費2000万円に保険金2000万円設定している場合


全損の場合も一部損の場合も保険金が認定損害額の全額が支払われます。
これを全部保険といいます。


(2)建築費2000万円に保険金3000万円設定している場合


全損の場合も一部損の場合も保険金が認定損害額の全額が支払われます。
この場合、建築費以上の保険金は出ません。
これを超過保険といいます。


(3)建築費2000万円に保険金1000万円設定している場合


全損の場合は1000万円全額出ますが、一部損の場合は保険を掛けている比率で払われます。
例えば1000万円分の損害が発生した場合、保険金額は1000万円掛けているから1000万円出るわけではなく、支払い保険金は下記のようになります。

1000万円×(1000万円/2000万円)=500万円
 
これを一部保険といいます。
また、保険金を付保割合に比例して減額することを比例填補と言います。


つまり部分損害の場合は契約した金額そのものが出るわけではありません
上記の内容は家財についても同様です。

また、金融機関からローンを組む場合は保険金額を○○万円以上で設定してほしいと言われることもあります。
注意してご検討頂ければと思います。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック