履歴事項の詐称について - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

履歴事項の詐称について

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
人事の種明かし
企業の採用選考時、履歴事項に手を加え、見栄えの良いものにし、
経歴を誇張しようとする人がいますが、これはりっぱな犯罪です。

採用後、こういった内容が露見すれば、懲戒解雇の対象となるで
しょうし、本人も回りも、大きな心の痛手を負う事になります。
  
何故、企業はこれほど、履歴詐称に過敏になるのか。
  
常識的に、嘘や偽りに鈍感な人は、会社内での金銭や書類の取り
扱いについても、自分の都合や考え方を優先させる傾向があると
見なされます。

この事を見過ごせば、いずれ甚大な被害やリスクにつながる危険  
性があります。会社のモラルとしては、当然、放任は出来ません。 
  
こういった背景から、採用選考の際は勿論、通常業務においても、  
虚位の報告等を行った場合は、厳罰に処せられるのが一般的です。
  
応募者の立場で、例えば、離職期間を少なく見せるために、在職
期間を長くしたり、部署や職位に色をつけたりと、多少なりとも
印象を良くする為には、テクニックの一つ、と勝手に思い込む人
もいますが、こういった考え方こそ、一番の問題点なのです。

面接時、人事の専門家であれば、こういった点については、特に
最大限の注意を払っており、何気ないやりとりの中で、矛盾点を
見つけ、詐称の実態を看破します。

当然、この場合、該当の応募者は選考外の扱いとなるでしょう。

求人応募の際、大切な心構えは、ありのままの自分を素直に出す
ことと、質問されるであろう履歴の個所について、事前に、一つ
一つの事情や理由を、丁寧に、わかりやすく説明する事です。

自分自身の人生(履歴)に誇りをもって、面接に臨みましょう。