法務省入国管理局の心配な英語レベル - 英語全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法務省入国管理局の心配な英語レベル

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
日本の英語教育

新しく出来た「在留カード」なるものに重大な不備があったとして、法務省入国管理局からお知らせが来ました。 それに応じて「重大な不備のある」もらったばかりのカードを送り返すと、こんな手紙と一緒に「重大な不備」を訂正した新しいカードが届きました。

カナダ国籍の相棒に。 日本語も読める相棒が英語部分を読んで「ニヤッ」としています。

肩越しに呼んで「わぉ」。 英語が。。。。

日本は大丈夫かな? いや大丈夫ではないようです。

入国管理局というのは、日本に居住する、または居住する意志のある、つまり日本経済に貢献する外国人のための存在ですよね。 世界の人々と日本人との国際的な交流の円滑化を図るのが目的と、ホームページにも書いています。

そんな大切な役割を担っているはずの法務省入国管理局が使用する大切な言語、英語。 世界の人に意志を伝える共通語の英語。 その英語ではどんな誤解も不明瞭な間違いも犯してはいけないはずだと考えます。 正確で明瞭な英語を使うことは、人にルールを守らせる権威をもつ入国管理力の絶対的な義務だと思います。

しかし、実情は、恐ろしくお粗末な英語の手紙に愕然としました。

About the Return of Residence Card

Because we added to electronic signature to a residence card, we send it back to you. Please confirm that a residence card is enclosed.

We deeply apologize for any inconvenience.

Oh My Goodness. 政府の使う英語レベルがここまで低いとは思いませんでした。 

1) 重要なお知らせのタイトルが “About”で始まる例にはほぼお目にかかったことがありません。 日本語の「~について」の単なる直訳で、英語のルール無視ですね。 

この “about” は必要ありません。 英語のタイトルはmain idea だけを出来るだけ短く伝えるのがルールです。  Residence Card Enclosed  で十分です。 読む人が一番読みたいのは、「在留カード」が返送されてたという事実ですから。 

2) “Because” で文章を始めるのは避けるよう英語圏の学校では教えます。 “Because”で始めると非常に「言い訳」の意味合いが強くなります。 

もし、どうしても言い訳で始めたい特別な場合だとしても(「重大な不備をしたから?」)、次の文章の時制が完全に間違っています。 

“we send it back…” ここが現在形だとまったく文法間違いです。 

Web Lessonで指導している社会人の形がしょっちゅう陥るミスがこれ「現在形」です。 「現在形」で断定出来る英語は非常に限られており、注意が必要です。 

日本語は現在形言い切りでもまったくお構いなしの文法ですので、その母国語の影響の呪縛から逃れるのは簡単ではないようです。
同じ呪縛でしょうか、この入国管理局の “send” はまったく意味不明でレベルの低い間違いです。

第一文はTopic Sentence で非常に大切ですので、明確に下記のように書けます。

We have added the electronic signature to your residence card and are sending it back to you.

更に低い嘆かわしい文法ミスは、”electronic signature”の前の “to”が不要。
「~を付け加える」の “add”のあとには “to” は不必要。

折角本人に間違いなく送り返すのですから、不定な “a residence card”などもらっても困ります。 本人に特定した “your residence card” を下さ~い。

思わず相棒に、「今回は誰のカードが来た?」と聞きました。

3) “Please confirm that a residence card is enclosed.”について。

もちろん、誰のでもいいから送り返されて来たカードなど確認しても意味がありません。  “a residence card” ではなく、”the residence card”にしないと「何かのジョーク」になります。

それに、 “confirm” は普通、確認してどこか、誰かに連絡することを指します。
日本語の曖昧な意味の「確認」と訳として使ったのでしょうが、誤解を招きますよ。

相棒には「電話しなくていいからね。」と念を押しておきます。


最後の文章、こう読んだらどうでしょう。

We deeply apologize for our English.


政府の英語レベル(しかも外国人を管轄する部門)がこれではとあきれました。

こんなレベルの英語しか書けない仕事に、私たちが働いて収めた税金から、高い給料を払うのは反対です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「日本の英語教育」のコラム

英語学習の壁の正体(2015/07/22 14:07)

このコラムに類似したコラム

英検1級道場-終戦の日に思うこと 山中 昇 - 英語講師(2014/08/15 07:38)

英語の文法 「めざせ満点」特訓 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2013/10/19 12:38)

どうやって英語のスピーキング力をあげたらよいか? Ito Hika - 英語講師(2013/08/21 20:00)

どうやって英語の文法力を上げるべきか? Ito Hika - 英語講師(2013/08/10 13:00)