「木」 時間とともに風合いの増す本物の木 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「木」 時間とともに風合いの増す本物の木

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
「月火水木金土日」
仕上げに本物の木を使うと、時が経つとともに風合いが増していきますし、部屋の空気感も落ち着いた感じになります。

古いお寺を訪れた時、裸足で木の床を歩いたり柱などに触れると、適度な緊張感とともに、心が癒されるような心地よい感触を感じることがあると思います。
新築時に木の香りのする真新しい状態もいいですが、年数とともに色が濃くなった状態も深みが感じられ、美しいと思います。

ビニールクロスなどのプラスチック系でできた建材は、新品時はきれいかもしれませんが、傷がついたり色が褪せてきたりすると、ただ劣化してしまったという感じになります。
木材は、手入れの具合にもよりますが、生きた素材だからか、傷がついたり変色しても年数を経た味わいとなり、風化するという感じでしょうか。
木は、長年使うことで愛着の増す、代表的な建材だと思います。

また、室内の仕上げに木を多く用いると、温かみのある居心地の良い空間に仕上がると思います。
たとえば、コンクリート打放しの部屋でコンクリート面だけで囲まれると、無機質な冷たい感じがして「あまり寛げない」という方も多いと思いますが、その中に木で仕上げた部分の分量を多くすると、まったく雰囲気が変わってきます。
RC外断熱とした「もみじの家」では、室内の輻射熱を得るためコンクリート打放し面が多いのですが、床面に木の質感を活かした無垢のフローリングを用いたことで、あたたかさと共に落ち着いた雰囲気の室内空間となりました。

シリーズを読む

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「「月火水木金土日」」のコラム