簡単に水平を出す方法。簡単に直角を出す方法 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

簡単に水平を出す方法。簡単に直角を出す方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

水平を出す機械として、「レベル」と云う測量機械があります。垂直・直角を出す機械として「トランジット」があります。水平・垂直・直角は建築の基本です。これらの機械は欠かせません。しかしこれらの機械が無い時代はどうしていたのでしょう?

垂直かどうかを調べるのは比較的簡単です。紐と錘があれば錘を垂らすだけで垂直が測れます。今でも柱の傾きを測る道具として「下げ振り」と云う錘が使われています。
水平はどうして測るのでしょうか?床ならビー球を転がせばどちら方向に傾いているかぐらいは判ります。しかし、何ミリ傾いているかはわかりません。畳の上なら余程傾いていない限り転がりもしません。
では、昔の人はどの様にして水平を出していたのでしょうか。水平と云う言葉は水が平らなことを表現しています。文字通り水を使って水平を出していたのです。水はつながっていればどれだけ離れていても同じ高さを示します。昔の人はそれを知っていて水平を割り出していました。

バケツに水を張り、その中に透明なホースを入れます。ホースの中に空気が残らない様に水を満たし、ホースの一端をバケツから取り出しますとホースの端の水位とバケツの水位が同じ高さになります。バケツを基準ポイントにセットして、ホースの一端を測りたい場所まで持っていけばその場所の高さが求まります。
原始的な方法ですが、ミリ単位の精度を出す事が出来ます。

直角を出すのは辺長が3:4:5の三角形を作ってやれば直角になります。ピタゴラスの定理の応用です。
5の二乗は25です。3の二乗と4の二乗を足してやれば25となり直角を出す事が出来ます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

このコラムに類似したコラム

床タイル貼りのトイレ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/11/14 23:40)

床のコンクリート打設 松永 隆文 - 建築家(2016/04/14 15:30)

デッキプレート敷き 松永 隆文 - 建築家(2016/04/05 17:53)

型枠と止水材 松永 隆文 - 建築家(2016/04/04 09:25)

スラブとフカシ筋の配筋 松永 隆文 - 建築家(2016/03/18 09:36)