家を買う時、手元資金はいくら残せばいいですか? - 住宅費用・資金計画 - 専門家プロファイル

前野 稔
MC PLUS 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家を買う時、手元資金はいくら残せばいいですか?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅費用・資金計画

住宅を購入する際には、頭金が多いほうが住宅ローンの返済も楽になりますよね。

でも、今ある預貯金すべて出して、手元資金がまったくなくなってしまうのも不安です。

では、いくら残しておけばいいのでしょうか?

 

こういった悩みを持たれる人も多いと思います。

住宅を買うには、家以外にも、照明器具等の家電製品、カーテン、家具なども必要です。また、それ以外にも諸費用として、登記費用や住宅ローン手数料、火災保険料、引越し代などもかかります。

 

これらの費用以外に、万一の場合に備えて、毎月の生活費の半年分位を手元に残すようにしましょう。

 

これだけあれば、病気やリストラ等何らかの理由で、収入が大幅に減っても、半年間ありますので、生活を立て直す時間の余裕を持てます。

 

すべてのご家庭で当てはまるとは言えませんが、一つの目安となれば幸いです。

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの返済負担率 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/24 12:59)

車のローンがあると住宅ローンが組めない? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/21 10:00)

住宅ローンは定年までに返せるか? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/07 15:06)

変動金利のリスクをご存じですか? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/18 14:01)

キャッシュフロー表で確認、金利上昇リスクの落とし穴! 西垣戸  重成 - 不動産コンサルタント(2010/06/28 11:35)