生理前症候群を克服したい! - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
日色 雄一
(鍼灸師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生理前症候群を克服したい!

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. その他の心と体の不調
チェアロビクス

みなさま、こんにちは。

風邪がはやっておりますが、お元気でお過ごしですか?


先日、とある先生から生理前症候群を克服をしたい!

という宣言を受けました。

私も少しでも力になれればいいな!

ということで、改めていろんなことを復習しております。


まだ、その計画ははじまったばかりですので、

いい傾向がみられた場合はご報告させていただきます。


生理前にかかわらず、

人がいらいらするのはどんなときでしょうか?

カルシウム不足からもイライラはやってきます。

食生活のバランスはかかせませんね。


また、自律神経のバランスも重要です。

脳の視床下部では、

摂食行動、飲水行動、性行動、体温の調整を行っています。

ですから、この4点がうまくいっているか、バランスがとれているか、チェックしてみましょう。


視床下部だけでなく、大脳辺縁系の扁桃体は、

同じく摂食、飲水などの本能行動や情動行動を調整しています。


脳は重要でたくさんの仕事をしています。

ですから、しっかり睡眠をとらないと、

脳の活動と休息のリズムが保てなくなります。

本能行動の調整は脳の休息があればこそ!

質の高い睡眠をとってください!


また、脳のエンジンがヒートしないように、

ときには冷やしてあげることも必要です。

頭寒足熱。いい言葉です。


チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!
















カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

幸福度をあげるには 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/07/28 10:08)

疲れを感じやすい方へ(3) 早川 友樹 - 薬剤師(2012/04/24 07:29)

はりきゅう(鍼灸)は体をリラックスさせます 小林 潤一郎 - 鍼灸師(2010/07/29 16:01)

尿量の減少を東洋医学的に改善する 足立 美穂 - 鍼灸師(2015/06/04 20:36)

更年期障害に腹巻は有効か? 足立 美穂 - 鍼灸師(2015/05/14 19:39)