行政事件訴訟法の訴訟要件を緩和する判例 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

行政事件訴訟法の訴訟要件を緩和する判例

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般

行政事件訴訟法の訴訟要件を緩和する判例

 

処分性について

・法律の運用の実情も考慮した最判平成17・7・15(医療法の病院開設中止勧告)

・運手免許証の更新(最判平成21・2・27)

原処分主義、裁決主義(地方税法434条の2、弁護士法16条3項、61条など)

 

原告適格について

・具体的事実関係によっては原告適格を認め得る余地がある最判昭和62・11・24(里道廃止)

このコラムに類似したコラム

行政処分の執行停止 村田 英幸 - 弁護士(2012/11/07 09:02)

セミナーレポート ~メディカルデザインと薬事法~ 小平 直 - 行政書士(2011/08/31 20:44)

多重代表訴訟 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/05 13:40)

「ソフトウェア開発関連訴訟の審理」判例タイムズ1340号 村田 英幸 - 弁護士(2013/02/05 12:34)

フランテック法律事務所の新サイトの開設 金井 高志 - 弁護士(2013/01/27 15:58)