行政訴訟で原告が主張すべき行政処分の違法性 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

行政訴訟で原告が主張すべき行政処分の違法性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般

行政処分の違法事由

(1)個別法に則した違法事由の主張をする。

(2)法律だけではなく、政令、省令、条例規則、通達を見る。

(3)立法担当者の執筆した解説書を見る。

(4)当該行政処分が羈束行為か裁量行為なのか

(5)裁量行為の場合

①   裁量の逸脱濫用の主張立証責任は原告

②   実体的違法事由(公平、平等、比例の原則の違反)+手続原則違反

③   審査基準

④   判断過程の合理性(判断の基礎とされた事実に誤認がないか、事実に対する評価が合理性を欠くか)

⑤   当該処分に関する重要な事実を指摘し、当該処分が考慮すべき事項を考慮しているか、当該処分が考慮すべき事項を適切に考慮しているか、重視すべきではない事実を不当に重視していないか、他事考慮を論じる。

⑥   当該処分の判断過程、判断の基礎とされた資料・事実を処分庁に特定させる。処分の起案文書・資料等の提出を求める。

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

行政訴訟の客観的併合 村田 英幸 - 弁護士(2012/11/07 08:39)

行政訴訟の出訴期間 村田 英幸 - 弁護士(2012/11/07 08:35)

行政訴訟の管轄裁判所 村田 英幸 - 弁護士(2012/11/06 08:39)

上場株式の買取請求の申立人適格と社債等振替法、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/21 10:45)