マイファンドの「ダウの犬」銘柄の入れ替えと過去1年の成果 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マイファンドの「ダウの犬」銘柄の入れ替えと過去1年の成果

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

私の資産運用の中の一部で、ダウの犬手法にトライアルしています。
ダウの犬手法とは、株式投資で高いパフォーマンスを生み出す狙いで取る方法の一つで、配当利回りの高い銘柄でポートフォリオを組む「高配当戦略」です。
その手法の内容は、ニューヨークダウ構成銘柄30種のうち、配当利回りが高い銘柄を10種類選んで投資する方法です。10銘柄への資金配分は等ウエイトで、1年ごとに構成銘柄を再度見直し、高配当銘柄が入れ替わっている場合はその通りに入れ替えて、再び1年間保有する・・・と繰り返します。配当金は再投資したと仮定して、パフォーマンスを測定します。
手法としての根拠は、配当利回りが良い≒株価の評価が低い⇒株価が高くなる可能性が高い。
NYダウ30種銘柄は、アメリカを代表している銘柄なので、信用リスクが低い(倒産が無いであろう)。というものです。

現在までのところ、私の資金量は限られているため、昨年度の銘柄数は8銘柄、投下資本も等ウェイトではなく、当株での運用です。
スタートは2011年10月24日、当該銘柄数での終了は2012年10月26日NY証券開業後1時間時点です。
2011年10月に組んだ銘柄は、ALTRIA GROUP(2年前に30種から漏れているのですが、高配当が)、AT&T、ベライゾン、メルク、ファイザー、デュポン、GE、インテル、の8銘柄でした。今回は上記から、GEが落ち、ジョンソン&ジョンソン、マクドナルド、プロクター・ギャンブルを入れた10銘柄としています。資金の余裕があれば本来の30種の10番目のHPを入れるのですが、昨日の購入の際に資金が無くなり未購入です。月曜日の新興国のETFの購入結果で資金が残れば購入を考えます。

なお、一年間の成績推移をダウ平均と対比して掲載します。黄色が配当込のダウの犬の推移、ブルーが配当抜き(株価平均)で、ワイン色がダウ平均です。

マイファンドダウの犬

最終段階10月23日のデュポンの業績発表後の下落8.6%下落などがあり、急落していますが、ダウ平均推移を各段階で上回っています。

スタート時点の平均株価は、29.496ドル、昨日の株価が33.8855ドルで約14.8%の上昇、
配当込は約17.8%の上昇、コストを引いたのちの一株あたり利益は、約4.99ドル(含み益含む)でした。1年間の成績として誇れるかは読者のご判断に任せます。

新しい、ダウの犬の平均取得株価は47.688ドルで、3銘柄購入コストを加えると47.793ドルになっています。ここからスタートします。

face bookページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しています。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.ne.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.htm

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

シェールガス革命で復活するアメリカと日本」今井徹氏(楽天新春セミナーより) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/20 18:00)

欧州はスイス北中南米は米国とメキシコ、日米英は米国が上昇 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/16 10:00)

投資信託で見る、長期的な年間収益率の事例 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/03 16:00)

知っておきたい投資インデックス(国内編-TOPIX) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/24 16:00)

資産運用で成功する人と失敗する人の大きな違いとは 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/12 21:18)