耐震補強工事における木造住宅の劣化対策 - 耐震リフォーム - 専門家プロファイル

阿部 哲治
TAS企画一級建築士事務所 代表
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震補強工事における木造住宅の劣化対策

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 耐震リフォーム

 耐震診断では住宅の劣化度も調査致しますが、耐震診断を行う住宅は古いものが多いですからどうしても劣化部分が見つかります。 木造住宅ですと、躯体部分の木材の劣化,屋根の劣化,外壁の劣化,雨漏りなど様々ありますが耐震診断の段階では見つからない劣化部分が多くあります。 実際に耐震補強工事を行った際に、解体した結果、劣化している部分が多く見つかります。
 先日耐震補強工事を行った住宅でも、一部耐力壁を補強するために解体をした結果、雨漏りが見つかりその影響で柱や梁の木材が腐朽していました。 (写真添付) そのようなことを踏まえ耐震補強+補修工事計画を建て工事を行いました。
 その部屋は真壁の和室でしたが、耐力値を考慮し大壁の和室へとリフォームをし、各種躯体接合部に金物を設置しました。(
写真添付)。
 このような雨漏りなどの不足な事態が、耐震診断を行うことで見つかることが多々ありますので、信頼のできる専門の診断士や建築士などに相談して進められることをお勧めします。

耐震診断や補強工事をご検討中の方はもちろん、将来的に検討する可能性がある方も、
お問い合わせください。
TAS企画 耐震Web http://www.tastaishin.com/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

木造住宅の耐震診断方法の違い 阿部 哲治 - 建築家(2012/12/17 17:09)

木造住宅の耐震補強費用について 阿部 哲治 - 建築家(2012/12/14 15:16)

木造住宅の耐震診断と補強工事の実態 No.1 阿部 哲治 - 建築家(2012/11/01 16:30)

耐震改修計画 大阪府岸和田市 伊藤 裕啓 - 一級建築士(2011/11/05 22:12)

もえちゃんからの手紙! 浜田 肇一 - 工務店(2010/10/07 19:59)