自己資金はいくら必要か - 確定申告 - 専門家プロファイル

東京都
税理士
03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自己資金はいくら必要か

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
医院開業
 開業するにあったっては、ある程度の事故資金が必要だといわれています。実際理想的には、ビル診療所で200万円、戸建て診療所で5000万円くらいあれば、かなり楽に開業できると思います。しかし、実際にはビル診療所で、1000万円、戸建て診療所で3000万円くらいが自己資金と言う先生が多いようです。また中には自己資金がほとんど0という先生もいらっしゃいます。さすがに、戸建て診療所で自己資金0では無理ですが、ビル診療所ならなんとかできます。
 正直に自己資金0ですと言って融資申し込みをしたのでは、金融機関から開業に対する準備不足ということで
いやがられますが、自己資金を500万円程度、親からでも一時的に借り入れして見せ金とすれば融資を受けることは十分可能です。というのは、現在は開業資金の貸し出しというのは比較的安全な融資であるという認識が金融機関の間にあるからです。実際、保証人がいて、事業計画をテクニカルに作成すれば、ビル診療所で1億円くらいまで無担保で融資を引き出すことが可能です。また、戸建て診療所であれば、土地建物を担保に入れることによって1億5千万円くらいまで融資を引き出せるでしょう。しかし、これは今だからこそであると私は考えます。最近の開業の傾向を見ていると立ち上がりが悪くなってきているなという印象を持ちます。今後は立ち上がれなくて融資資金が焦げ付いてしまう医院も多くなっていくのではないかと予想しております。開業をご検討の先生方、融資の面から見ると早い開業を目指した方がよろしいかもしれません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)

病医院経営に必要なものは何か─医療専門の税理士にお尋ね下さい

私は医師や歯科医師の先生方が免許は1つでもそれぞれ専門をもっていらっしゃるのと同じ様に、税理士事務所の中でも医師、歯科医師、公益法人に特化した仕事をしています。先生方が必要としている事により応えられる事務所になるべく進化し続けてまいります。

03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「医院開業」のコラム