住宅ローン控除期間の選択、10年?15年? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

かやはし陽子FP事務所 株式会社DownToEarth代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0797-81-3693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン控除期間の選択、10年?15年?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
タックスプラニング 住宅ローン控除
居住の用に供した年(居住年)、
「H19年度の場合」
1、控除期間10年を選択の場合。
 借入金等の年末残高限度額2500万に、

(1)1年〜6年目 1.0%    控除額最高25万。
(2)7年〜10年目 0・5%   控除額最高12.5万。 
 10年間で所得税額から合計最高控除額200万円。

2、控除期間15年を選択の場合。「控除期間の延長特例」
 借入金等の年末残高限度額2500万に、

(1)1年〜10年目 0・6%   控除額最高15万。 
(2)11年〜15年目 0.4%   控除額最高10万。 
 15年間で、所得税額から合計最高控除額、200万円。

 10年間の控除期間を選択した場合と同じ金額となっています。

つまり、
10年間で最高200万の控除額を選択するか!?
15年間で最高200万の控除額を選択するか!?

控除期間、
10年を選択すべき?
15年を選択すべき?
どちらを選択されますか。

http://blog.livedoor.jp/yokofp/archives/51234559.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
かやはし陽子FP事務所 株式会社DownToEarth代表取締役

1つ1つの“気づき”が、人生を大きく変えます

「自分の財産は自分で作る! 守る!」意識が必要です。「知識」が「意識」を変え、強いては人生を大きく変えます。一度限りの人生を「納得」できるものとしたいですね。 信頼をベースに、求められるファイナンシャルプランナーでありたいと思います。

0797-81-3693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。