ラクで楽しいこと - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所まんぼう 主宰
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ラクで楽しいこと

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談
事例 住宅

今日は「ラクで楽しいライフスタイル」ということについて、書いていきたいと思います。


私達は、快適な住まいとは、その心地よさを維持するために頑張るのではなく、
普段通りの姿でラクに過ごせることが大事と考えています。

それは日常動線に合わせた配置や、1人になれる場所であったりと手段は様々ですが、
片づけることを頑張らなくても、家での時間を楽しみ、偶然会った友達も気軽に誘えるような、
理想としていたライフスタイルを無理なく実現できる住まいを計画から提案したいと思っています。


下の写真は、ライフスタイルの変化に合わせ共に成長する住まい:詳しくはコチラ

この住宅では、2階(上の写真)にLDKを中心とした家族が一緒に過ごすための場所を設け、
1階には水廻りや主寝室と、家族全員の衣類をまとめるファミリークローゼットをつくりました。

クローゼットは、それぞれの個室に配置する場合もありますが、
この家では日々片づける奥様の家事効率と、リビングに片づけ前の衣類が溜まってしまうのを
防ぐための工夫として、水廻りの近くに収納をまとめています。

その他にも、階段下にクロークも設け、できるだけ上階にモノを持ち込まないようにしたり、
洗面を脱衣と分けてファミリークローゼットの近くに作り、支度動線が重ならないようにしたりと、
細かなことですが、動線や収納を整理して、散らかりにくくラクに維持できる生活をつくり、
家族で過ごす時間を楽しむ住まいをつくっています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所まんぼう 主宰

こだわりを大切に。住まうことが楽しく自慢できる快適住宅を。

快適な環境を取り込むのはもちろん、車、アウトドア、AV、犬猫との暮らしなど、家に対する施主のこだわりや敷地環境を十分に理解し、楽しむ拠点となる住まいをライフスタイルも含めて提案します。まずは住まいに対する思いをじっくりと聞かせてください。

カテゴリ 「事例」のコラム

敷地を理解すること(2012/10/30 15:10)

このコラムに類似したコラム

キッチンを中心にプランを考える。 岩間 隆司 - 建築家(2011/09/08 09:56)

家族の成長と住宅の関係 安田 和人 - 建築家(2010/07/01 03:00)

ル・コルビュジエの集合住宅 岩間 隆司 - 建築家(2016/07/25 08:59)

木造集合住宅の軸組確認 岩間 隆司 - 建築家(2016/05/03 10:16)