タブレットの先にみえるもの - 企業ブランド戦略 - 専門家プロファイル

有限会社ペア・ファクトリー 代表取締役
神奈川県
コピーライター
046-242-8248
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ブランド戦略・ネーミング

澤田 且成
澤田 且成
(ブランドコンサルタント)
吉原 賢
吉原 賢
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

タブレットの先にみえるもの

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ブランド戦略・ネーミング
  3. 企業ブランド戦略
マーケティング





アップルの新しいタブレット端末iPad miniと

AmazonのKindle Fire HDは、どちらが買いか、

割と悩むところである。

現在、私が使っているのはiPad。

そもそもiPhoneでなくiPadにしたのは、やはり年のせい。

目がついてゆかない。

iPhoneは、とにかく私には小さすぎた。

で、タブレットという選択。


中高年に、iPadは優しい。

ディスプレイが大きい上に、タッチするだけで拡大縮小が自在。

ある意味、ノートパソコンより便利なこともある。

Android系のものより感覚的に覚えられるので、

やはりアップルは良いなと。


しかし、iPadを常に持ち歩いている私にとって、

如何せんまだこのiPadは重いと思っていた。

だって、ずっしりくるもんね。


で、先の新製品のふたつが、

私の次期買い換え候補となった。


幾つかチェックしてみたが、現在値では、

意外にもKindleがやや優勢。

決め手は、やはり価格となる。


KindleとiPad miniとの価格差は1万円以上。

ブックリーダーのKindle Paperwhiteに至っては、

8,480円という値付けがなされているから、

その安さに驚く。


こうして比較していみると、

AmazonがリリースしたKindleシリーズは、

とにかく安価。


聞く所によると、AmazonはこのKindleシリーズを、

ほぼ儲けなしの値付けをしている、とのこと。


ちょっと不思議でしょ?

儲け抜き、というところが。


では、一体Amazonは何を考えているのかだが、

Amazonだけでなく、今後こうしたデバイス群は間違いなく広がるので、

価格競争はさらに激しくなると思う。

その先手を打ちたいのがAmazonなのだ。


Amazonの狙いは、或る意味、革命的なものを狙っている。

その気配は常々語られていたことだが、Amazonは満を持して

Kindleストアをオープンした。


もちろん狙いは電子書籍。

その裾野を広げるためのKindleなのである。


Kindleが何故そこまで安価なのかが理解できるだろう。


要はインフラの拡大に躍起になっているということ。


後はKindleストアでじっくり電子書籍を売り、

収益に加速をつけたいという思惑がみえる。

繰り返すが、

設備投資を後に回収すると考えるAmazonは、

この際、儲けは後にまわして、

デバイスを一気に拡散させたいと考えている。


これが大きな目的のひとつ。


で、他何が革命的なのかといえば、

Amazonのこうした動きは、

日本の出版業界を一変させるパワーをも秘めて

ということである。


いうまでもなく、日本の出版業界は、

さまざまな規制や仕組みで固められている。

ここは、関係者以外誰も口を出せない鉄壁の流通組織なので、

この流れを変えられるものは、

いまだいないに等しい。


が、Amazonはこの構造をも変革させようとしている。


その影響は制作現場にもあらわれるだろうし、

当然、書籍のコストや流れも変える。

勿論、作者の顔ぶれや印税などの配分も変わるし、

そもそも取り次ぎや出版社の状況や立場も大きく変化する。

要は、本を取り巻くすべての状況が変わると言っても過言ではない。


要は、Amazonがその先人を切るという、

ある意味、革命なのではないだろうか。

その先兵が、電子書籍リーダーなのであり、

KindleでありKindleストアなのだ。



たかがタブレットだが、

その背景を考えると、

されどタブレット…なのだ。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / コピーライター)
有限会社ペア・ファクトリー 代表取締役

ひとの心に、化学反応を!

広告って心理学?…これホントです。謎を紐解く。広告作りは、ここに集約されると言ってもいいでしょう。売る仕掛け、アクションのスイッチ。このマーケティングの核を探ることは、人の心の広い海原を旅することと似ています…。

046-242-8248
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「マーケティング」のコラム

広告の普遍的手法(2014/01/11 19:01)

或る編集者の記録(2013/08/27 10:08)

キャッチコピー狂時代(2013/07/27 15:07)

このコラムに類似したコラム

あなたが本に登場できます!(パーソナルブランディング!) 中野 博 - 経営コンサルタント(2011/03/10 08:20)

エグゼクティブプレゼンス初級講座 丸山 ゆ利絵 - 経営者・エグゼクティブのコンサルタント(2015/01/27 12:44)

書くことからはじめるセルフブランディング講座 潮凪 洋介 - ライター(2011/12/22 21:53)

TOKO Biz Report <10月号> 中沢雅孝 - YouTube専門コンサルタント(2011/10/25 17:56)

ご縁と感謝のお裾分け★レポート(Halloween号) 中沢雅孝 - YouTube専門コンサルタント(2011/10/03 13:16)