長所と短所はバランスが大事◎“無敗脳”ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長所と短所はバランスが大事◎“無敗脳”ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

最新メンタルトレーニングでストレス&うつ一刀両断!無敗脳ヨガ道場の辻です。

 

 

今、人の長所を伸ばすことが流行っており、長所さえ伸ばしていけば、短所は自然となくなっていくか、

 

得意とする長所だけに特化して教育していった方がその人の個性が出て良いとされています。

 

 

これは、日本の戦後教育の減点方式への反動からきているのだと思われます。

 

 

しかし、個人的には、やはり短所も、なるべく改善していく方が望ましいと思います。

 

 

それは、長所だけ伸ばしていった場合、とてもバランスの悪い人間になってしまう危険性があるからです。

 

 

実際に、私も競技現場で、短所により長所の良さが相殺されてしまっているスポーツ選手をたくさん見てきました。

 

 

特に、

ここ一番といった重要な場面において、短所という隙間から徐々にヒビが入り、結果、全体的に崩れていってしまうケースです。

 

 

これは、ゴルフやテニスなど、特にメンタル面が大きく関わってくる競技においては顕著に見受けられます。

 

 

短所が長所の良さを引っ張ってしまうのですね。

 

 

短所を少し改善したり、気に留めておくなどしておくだけで、長所だけを伸ばしていくやり方よりも、長所の良さが何倍も輝いていくように感じます。

 

 

そのような理由から、私のスタジオでは、 

長所と短所を生理・心理学的なアプローチにより検証し、お客様自身の潜在能力が今まで以上に発揮されるようにアドバイスさせていただいております。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


東京都 港区 田町 無敗脳ヨガ道場『サイバーヨガ・スタジオ辻でした。

このコラムに類似したコラム

打たれ強くなる「脳」の習慣 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/19 21:57)

勝っても喜ばない◎“無敗脳”ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/10/29 21:41)

ヨガは最高のバイオフィードバックだ! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/02/23 14:27)

「勝った!」と思った瞬間が最大のピンチ! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/19 22:22)

『月刊 秘伝8月号』~精神力の磨き方~「無敗脳ヨガ」特集! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/17 22:47)