被害に遭わないための「竜巻」新知識! - 風水害(台風・豪雨・竜巻) - 専門家プロファイル

災害リスク評価研究所 代表(災害リスクアドバイザー)
東京都
危機管理/BCP/防災計画コンサルタント
050-1042-2676
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:防災

松島 康生
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)
松島 康生
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

被害に遭わないための「竜巻」新知識!

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 防災
  3. 風水害(台風・豪雨・竜巻)

◆竜巻の威力!

 ①車やトラック、物置など、1トンを超えるようなものが吹き飛ばされます。

2012年のつくば市では家屋が竜巻に煽られて、基礎ごと持ち上げられて倒壊しました。 東京工芸大学の田村幸雄教授によると、建屋の風洞実験において一般家屋が横転する転倒限界風速は109m/s(時速換算400km)もの威力でした。

 ②飛散の連鎖で被害を大きくします(飛散した物が衝突して、そこで破壊された物がまた飛散する連鎖)。

 ③上記のような飛散物が遠心力によって、突き刺さる現象(別名:ミサイル)が最も危険です(参照:右下画像)。

窓ガラスなどはこれが原因で割れてしまったり、飛散物に当たって怪我をするケースが多いのです。

 ④移動スピードが早く、日本では時速90kmの移動速度が記録されています。

 

◆竜巻が発生する条件

一年を通して発生しますが、特に台風シーズンの7~10月が多く発生しています。

これらは台風をはじめとする低気圧や前線によるもの、また、急な寒気の流入によるものが多く、北海道から九州まで全国で発生しています。また、山間地を除く、沿岸部や平地で発生していることが多く、高層ビルなどが建ち並ぶ都心でも発生した事例があります。

竜巻というとアメリカで多数発生しているようにみられていますが、平地での面積換算するとアメリカも日本も発生数に大差がありません。

 

◆竜巻(予報)の情報収集

 ①ラジオ・テレビなどの気象予報をによる情報入手

 ②自治体による防災行政無線(スピーカー)による情報

※2011年の気象庁による竜巻注意報の発令件数は589回、うち実際に発生件数は8回でしたが、気象庁からの発令がなく発生している竜巻は、実に31回もありました。 

このことから、「自ら気象の前兆現象を観測した上で適切な行動をとること」が重要となってきます。

◎気象の前兆現象(竜巻接近時)

 ①積乱雲などが発生し、空が急に暗くなったり、風が強くなってくる

 ②漏斗状の雲や前段階の円柱や円筒状の雲の出現

 ③雷(雷光や雷鳴)や雹(ひょう)の発生

 ④冷たい風やゴーッという風音

 

 

◆イザッ、竜巻対策(飛散物から身を守る)

※屋内の場合

 ①雨戸(シャッター)やカーテンを閉め、窓から離れる

 ②各部屋のドアを閉める(風を通さない)

 ③窓のない部屋か、風が通りにくい部屋、風による落下物が少ない部屋に移動

 ④頭から首に掛けて、毛布や座布団などで覆うように保護する

 ⇒浴槽に避難して危険を免れた事例がありますが、窓が大きいとガラスが飛散して危険が予想されます。適切な部屋や廊下などを選んで、机の下やベット下などに身体を隠すように保護しましょう。

※屋外の場合

 ①堅固な建物内へ避難する(飛ばされそうな車庫や物置、納屋は不可)

 ②飛ばされてきた物に当たらないように、狭い窪地凹(水路や溝)に身を伏せる

 ③姿勢を低くして、カバンやパックなどで頭や首を守る

 ④車両の場合は、竜巻の進行方向を見定めながら速やかに移動するか、近くの堅固な建物内に避難する

 

 

◆ダウンバースト(下降噴流)にも注意

竜巻のような渦状の風とは異なり、似たような気象の条件下で発生する「ダウンバースト」のよる突風が知られています。

これは積雲や積乱雲の一部が冷えて、強い下降気流が発生し、急激な風が地表にぶつかるため、局所的に多量の突風が吹く現象があります。これにより航空機や鉄道の被害も発生しています。

 

 

 

■次回以降に予定しているテーマ(順不同)

・「帰宅困難対策」外出時に使えるおススメ防災アプリ

・外出時の防災対策と携行品(帰宅困難者対策)

・建物倒壊の危険と耐震診断の落とし穴

・画像でみる実践!地震対策(屋内の3無いチェック)

・動画でみる液状化の成り立ちと危険な場所

・意外と知られていない液状化によるリスク

・今、土砂災害に大きな変化が

・知ろう!「地域の防災対応力」

・意外と知られてない「地域防災計画」とは

・一戸建ての浸水防御(浸水させない実践対策)

・災害リスクからみた火災保険・地震保険に入る目安

・日常でも役立つ防災ヒント集

※防災独擅場…私自身の独断と偏見による防災上の独り言

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)
災害リスク評価研究所 代表(災害リスクアドバイザー)

その場所は地震や台風・集中豪雨時、本当に安全と言い切れますか

大地震や台風・集中豪雨が発生した際のリスクを、防災の専門家が災害危険の調査分析して具体的な対策をアドバイスします。また、企業/高齢者福祉施設/幼稚園保育所向けに、災害リスク調査、BCP(事業継続計画)・防災計画、防災研修等をご提供します。

050-1042-2676
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「台風の対策」に関するまとめ

  • あなたの家は大丈夫?台風がきても慌てない対策まとめ

    突然ですが、あなたの家は台風の対策はできてますか?近年、ゲリラ豪雨や大型の台風で家が壊れたり、自宅に帰れないなんて話が増えてますね。台風の対策をしたいけど、どこから手をつければよいか分からない…そもそも、何をしていいか分からないといった方にはおススメです。

このコラムに類似したコラム

日本経済新聞の取材でコメントさせていただきました 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2013/02/21 06:00)

災害時、必携!「帰宅困難対策」④外出時に使えるおススメ防災アプリ 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2012/12/12 07:00)

災害時、必携!「帰宅困難対策」③外出時に使えるおススメ防災アプリ 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2012/12/11 07:00)

災害時、必携!「帰宅困難対策」②外出時に使えるおススメ防災アプリ 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2012/12/10 07:00)

災害時、必携!「帰宅困難対策」①外出時に使えるおススメ防災アプリ 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2012/12/09 07:24)