まずは集めよう - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずは集めよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
リスクマネージメント
多くの企業では、パソコンはネットワークに繋がっていると思います。

ネットワークに繋がっていると、とても便利だからです
セキュリティ対策を考える際、この利便性をできるだけ維持しながら守るということが重要です。

特に、ネットワーク化されていることの最大のメリットはデータ共有です。

これが使えないネットワークは、カレー専門店に行って、ご飯だけを食べている様なもの。
一番おいしいところを食べていないとも言えます。

ところが、多くの人が共有できるということは、どこか一つに穴があれば、そこから漏れる可能性が高いとも言えます。

そこで、データの集約、集中管理を行うことを強くお薦めします。

ファイルサーバを設置し、共有したいデータは全てサーバに集約するのです。
サーバ内では、フォルダを作って、フォルダ単位でアクセス権限を設定します。
アクセス権限のない人からは閲覧、削除、複製、修正等ができない様にするのです。

また、このとき、パソコンへのデータ保存を禁止します。
漏洩してはならない情報は、全てサーバに置いておくのです。

データを集約するということは、そこ一カ所に何かがあれば、甚大な被害となるということですから、バックアップや、不正アクセス対策をしっかりと行う必要があります。

この様にすれば、重要なデータを厳重、集中管理することができ、運用を軽減できます。
個別に管理するよりも、効率的であり、総コストを抑えることができるのです。

まずは、データを一カ所に集め、しっかりと管理する。
これが利便性を損なわないセキュリティ対策の第1歩です

集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一