耐震性 - part-1 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震性 - part-1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産のかしこい選び方 既存住宅の見どころ
お客様からの質問の多い内容をまとめてみました!
中古住宅の購入を検討する場合、もっとも氣になるのは耐震性ですね!

今回は、木造住宅の耐震性をご自身で判断する場合のチェックポイントをご紹介します。
この内容は、木造住宅耐震診断士である私が、NPO- 日本耐震防災事業団の資料に基づきご説明します。

1.建物が建築された時期 1981年6月以降か?

1981年6月に建築基準法が改正され耐震基準が強化されたため(阪神淡路大震災においては、1981年以降に建てられた建物の被害は少なかったと報告されています)
 
 
2.増築をしているか? 
また、増築している場合、建築確認などの必要な手続きを行っているか?

増築時、既存部の適切な補修・改修、増築部との接合をきちんと行っているかの確認
 
 
3.建物の形は?
四角形か? 複雑な形状ではないか?

四角形など整形な建物は地震に対して建物が強いです。逆に不整形な建物は地震に対して比較的弱と言われてます。
また、大きな吹き抜け(4m位)がある場合、地震のときに建物をゆがめる恐れがあります。
 
 
part-2 へつづきます



三鷹市不動産の購入