「もしも私の身に起こったら…熟年離婚」 - 家事事件 - 専門家プロファイル

行政書士阿部オフィス 行政書士
神奈川県
行政書士
045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「もしも私の身に起こったら…熟年離婚」

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
コラム その他いろいろ
こんにちは、行政書士の阿部マリです。

2月14日朝放送のニッポン放送(ラジオ)の「上柳昌彦のおはよう!Good Day」の熟年離婚特集の取材を受けました。

巷やネットでは、根拠もあきらかにせず、熟年離婚が増えているという情報が氾濫していますが、ここ数年、熟年離婚はおろか離婚自体が減少しています。

厚生労働省の人口動態統計を見てみると、離婚は平成14年がピークの28万9836組で年々減少しており、平成19年1月〜11月(12月は未だ出ていない)の離婚率も対前年マイナス0.8%です。

同居期間20年以上の夫婦の離婚の場合、平成17年と平成18年を比較してみても、対前年増加率はマイナス6.5%となっており、それ以外の同居期間と較べて最高の減少率です。

年金分割が引き金となり、熟年離婚が急増するといわれていましたが、実際には、増加しているとはいえません。

データや資料の根拠の無いものに振り回されず、自分の目で確認することが重要ですね。

ということで、厚労省のデータを提供したうえで、熟年離婚の実際をお話ししました。

聞きそびれた方は、「もしも私の身に起こったら…熟年離婚
に大まかな内容が掲載されていますので読んでみて下さいね。

しかし、ラジオって声だけなので照れますね…。

男の離婚相談/阿部マリ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 行政書士)
行政書士阿部オフィス 行政書士

男性のための離婚相談。頼れる安心のパートナー

(1)豊富な情報量とノウハウの提供(2)意思決定の支援・問題解決の助力と支援(3)離婚のコンシェルジュサービスこの3つを軸に、あなたの話しをじっくりと聞き対処すべき課題をみつけ、具体的解決のために最適な方法をコーディネートします。

045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「コラム」のコラム

ステップファミリー(2012/01/31 13:01)

養育費の減額方法(2012/01/08 17:01)

離婚後の分類(2010/11/18 11:11)

法定離婚理由(2010/11/15 16:11)