ロングステイ希望国としたい国、ロングステイしたい地域はここ - 海外・外国人全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ロングステイ希望国としたい国、ロングステイしたい地域はここ

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外・外国人全般
ロングステイ 海外ロングステイ

今年も、財団法人ロングステイ財団からロングステイ調査統計2012が発刊されました。
ロングステイ・LONGSTAYと聞いても、なかなかイメージがわかないし、長期間海外での生活をする、又は移住の事と思われる方もいらっしゃると思います。
そこで、ロングステイ財団が公表する「ロングステイの基本的な考え方」を紹介します。

ロングステイとは、海外においては
「生活の主たる源泉を日本に置きながら海外の一か所に比較的長く滞在し、その国の文化や生活に触れ、現地社会での貢献を通じて国際親善に寄与する海外滞在型余暇」
を総称したものです。

また、国内においては「主たる生活の拠点のほかに、日本国内の他の地域にて比較的長くあるいは繰り返し滞在し、その滞在地域のルールを遵守しつつ地域文化とのふれあいや住民との交流を深めながら滞在するライフスタイル」を云います。

最低滞在期間は海外の場合は2週間、国内の場合は1週間としています。観光旅行よりは長いのですが、無理のないロングステイをされている方達も大勢います。

※LONGSTA・「ロングステイ」は造語であり、ロングステイ財団により商標登録されています。
ロングステイ財団のホームページは
http://www.longstay.or.jp/
です。ロングステイだけでなく海外に関心ある方は、ご一読をお薦めします。

今回届いた調査から、何回かに分けて、著者として興味ある内容を紹介します。

セミナーやイベントに参加した人のアンケートに基づくロングステイ希望ベスト10の7年間の推移は

ロングステイ希望国推移

で、1位は、日本でのセミナーも多く、イベントも開催されるマレーシアです。親日国として知られ、マレーシア・マイセカンドホームプログラム(MM2H)もあり、6年間連続の1位です。2位はタイで、2009年、2010年と順位を上げています。昨年はハワイを抜いて2位に浮上しています。3位のハワイは順位が下がりました。10位内に台湾とシンガポールが上がり、ベスト10の中でアジアの占有が6割になりました。

人気国ベスト10を年代別に層別しますと、希望国は大きく異なります。

年代別人気国推移

30歳未満の希望国順位はオーストラリア、ハワイ、カナダイギリスアメリカ本土などで、欧米オセアニアを上げています。30代から順々にベストテン内でアジアの国が増加して行きます。ただ、60歳以上ではシルバー・コロンビア計画の影響が残っている様子で、スペインが10位に入っています。
シルバーコロンビア計画は
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4TSJH_jaJP385JP385&q=%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2%E8%A8%88%E7%94%BB
をクリックください。

上記の内容は、ロングステイ財団や、我々ロングステイアドバイザー、そして海外サロンが催すイベントやセミナーに参加された方のアンケートです。

一方、ロングステイ財団は、不特定多数にインターネット調査を実施しています。回答者は男性856人、女性792人の計1,648件の調査内容です。
こちらのデータは、前出のものとは大きな違いがあります。
2年間のデータを示します。

ロングステイしたい国10

見てわかるように、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾などの国々は出てまいりません。ベスト4は昨年と同様ですが、10位にシンガポールが上がりドイツが下がりました。6~9位は欧州の国々です。

このベスト10の2011年の調査で年代別の分布が下記の通りです。
60代以上の方のシンガポールが10位への押し上げ要因になっています。実は著者も、東南アジアでロングステイするならばシンガポールを押しています。主な要因は、アセアンの中で唯一の先進国、経済的にも豊かで町がクリーンです。ただし、生活費は高く既にい重要のビザは得られません。ただ、ここを足場にチャンギから各国へフライトができますし、生活環境は快適です。

年代別したい国

不特定多数の方が、ロングステイ地域を分類すると、アジアよりも欧州がおおく33ぇを占めています。

ロングステイしたい地域

★お知らせ
今年も来月11月17日土曜日に、東京ビッグサイト 会議棟1Fレセプションホールで第7回 地球に暮らす「ロングステイフェア2012」が開催されます。
私も、登録ロングステイ・アドバイザーとして、午後からお手伝いに行く予定です。
ロングステイ先として海外の国々国や、国内ロングステイとして各県や市町村が出展します。
face book ページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しました。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.ne.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ロングステイ」のコラム

このコラムに類似したコラム

ロングステイ 海外不動産の購入について、重要な確認のポイント 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/26 16:00)

ロングステイ経験有りの方の滞在経験のある国 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/02 10:00)

ロングステイの定義とロングステイ希望国と行きたい国ベスト10 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/24 17:08)

ロングステイ財団海外サロンからの報告(ロングステイ財団交流会 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/24 10:00)

希望する滞在施設とロングステイする場合に障害となること 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/05 10:00)