税理士の想い - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
宮田 幸治
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税理士の想い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、廃業について。

ここで税理士が存在することの意義について少しだけ。

もちろんここで書くのは私の考え方なので、全ての税理士が

共通して持っている認識というわけではありません。

ただし、ある程度は一般的なお話ができるかと思います。


簡単に言うと、税理士がいることで意図せぬ廃業、倒産の危機を

回避できる可能性が高くなります。

適宜書類を預かり、経理処理をオンタイムで行なっていく事で

会社の業績は数字の面からも捕捉することができます。

(実はその前段階、社長さんが体感的に成績を感じているか否かが

一番重要だったりするのですが…そこは改めて)


帳面に書かれている数字は結構真実をついてきます。

その会社になぜお金がないのか。

定期的な経理処理を続けていれば、その原因はそれなりにみえてくるものです。

自分一人で経営していては中々気が付けない理由について、

税理士がいることで手助けできることが結構あります。


もちろん、最終的に行動を起こすのは社長その人なのですが。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

帳面が来ない 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/25 01:00)

廃業には強い理性と優れた感覚が必要 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/20 01:00)

お車、何台お持ちですか? 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/19 01:00)

車はね…色々と高いんですよ 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/18 01:00)

ちょっと余談:社長さんの趣味 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/17 01:00)