ソーラーパネル・太陽光発電システムの保険 - 各種の損害保険・その他の保険 - 専門家プロファイル

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 代表取締役
京都府
保険アドバイザー
0120-556-849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:損害保険・その他の保険

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ソーラーパネル・太陽光発電システムの保険

- good

  1. マネー
  2. 損害保険・その他の保険
  3. 各種の損害保険・その他の保険

近年では発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をはとんど排出しない

再生可能エネルギー(太陽光・風力・地熱発電等)が注目されてきており、

平成24年7月からは「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。

一般家庭や事業所で設置するクリーンで再生可能なエネルギー手段として、

注目されているのがソーラーパネル・太陽光発電。

導入にあたっては行政からの補助金制度もあり、今後の成長が期待されている分野です。

それでは、ソーラーパネルと保険とのかかわりはどうなるでしょうか?

ソーラーパネルには補助金と出力保証との関係でメーカーはおおむね10年間のメーカー保証を付けています。

しかし、台風による風災や落雷、外部からの物体の衝突による破損等の偶然な事故については補償されないので、

損害保険でカバーすることになります。

住宅用のソーラーパネル・太陽光発電システムなら建物に火災保険を付けていれば

ソーラーパネルは設備・装置として保険の目的に含まれますので対応が可能です。

ただし、「風災・雪災」「外来物の落下・飛来・衝突」の補償加入が必要です。

また、ソーラーパネルを既存建物に後付した場合、保険金額を上乗せする必要が出てきます。

詳しくはプロ代理店にご相談されることをお勧めします。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 保険アドバイザー)
企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 代表取締役

個人・企業の火災,賠償責任、労災、運送保険

個人・企業の火災,賠償責任、労災、運送保険の提案、スキームの見直しなどのお手伝いを致します。保険料削減についても、方策につきご提案いたします。既取引損保会社以外にセカンドオピニオンを活用できる体制を構築しておくことが良策と考えられます。

0120-556-849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 火災保険・地震保険・賠償保険・傷害保険

「セカンドオピニオン」ご活用のご提案

料金
無料

保険(補償内容・保険料)を見直すことで、経費削減できる可能性があります。火災保険・賠償責任保険等につき、保険条件診断・提案、スキームの見直しなどのお手伝いをします。もちろん保険料削減についても、方策につきご提案いたします。

火災保険・地震保険・賠償保険・傷害保険

このコラムに類似したコラム

火災保険の長期契約がなくなる、実質値上げへ! 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2015/03/28 11:58)

台風による被害・・・保険の補償は? 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2013/06/23 11:01)

10月から自動車保険値上げ 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/20 08:59)

メガソーラーの保険 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2012/10/27 11:20)

『不測の事態を「意識」した保険の加入』 高津 嘉邦 - 保険アドバイザー(2011/05/02 09:44)