【相談実例】性格の不一致…離婚したい - 各種の夫婦問題 - 専門家プロファイル

久保田  優子
株式会社カラットクラブ 修復・離婚アドバイザー
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【相談実例】性格の不一致…離婚したい

- good

こんにちは、修復・離婚アドバイザーの久保田です。

こちらには実際にお客様からお受けしたご相談に、どのようなアドバイスを差し上げたのかご紹介していきたいと思います。

 

 

《相談者 30代後半女性》

 

私は以前不倫をしていました。その後、今度は夫が年上の女性と本気で不倫をし、やっと最近別れたようです。それまで不倫をしながらも、夫婦でもセックスはしていたのに最近になってレス気味になってきました。

私から誘っても誘っても「疲れているんだよ!」「触るなよ!」と…。あげく「今までセックスしていたけど、気持ちはなかった」とまで言われショックを受けました。今まで夫から誘ってきていたくせに、急にどうしたのでしょうか。まだ女性が忘れられないのでしょうか。それとも私にはもう気持ちがないのでしょうか。とても不安で、寂しいです。。。

 

 

 

《久保田からの回答》

 

ご主人に訴えかけても拒否され、あげく気持ちはなかったなどと言われたらどんなに寂しいことか。女性ならばいつだって愛する人と結ばれたいですものね。心中お察し致します。


ご主人は本気の不倫をし別れたとのことですが、やはりまだその気持ちを引きずっている可能性も考えられますよね。ご主人から別れを決意したのではなく、不倫相手から別れを告げられたり、別れざるを得ない状況になって仕方なくということだったのかもしれません。いわゆる未練がご主人の中にあるのでしょう。

またあなたも以前不倫をしたと仰っていますが、ご主人はそれを知っているのでしょうか。もし知っていたとしたら、最初は当てつけのつもりでご主人も不倫を始めたのかもしれません。それがいつの間にか本気に…というパターンかも。

男性は自分の妻が他の男性と…というのをなかなか許せないもののようです。互いに不倫中はパートナーに対して後ろめたさがあるがゆえ、セックスがあったとしても、いざ別れて後ろめたさがなくなると、やはり妻の過去の行為を許せない、面白くないと思ってしまっているのかもしれませんね。


とにかく今は拒まれても悲しい顔をしたり、ふて腐れてはいけません。常に優しい笑顔で接し、居心地の良い家庭を作り、ご主人を労い、そして立てて愛情を沢山示すことです。

そして今まで以上に自分のことも磨いてください。新たな魅力を見せることも重要です。互いに慣れて飽きているところもあると思いますので。


愛情は与えなければ返ってはこないものですよ。ご主人にあなたが一番!家庭が一番!なんだと再認識させないと。あなたはご主人を愛しているのだから、頑張れるはず。応援しています。

このコラムに類似したコラム

【相談実例】私の浮気、夫の浮気。互いにケリはついているはずなのに…。 久保田 優子 - 離婚アドバイザー(2013/02/02 10:06)

【相談実例】夫が職場の女性と不倫…肉体関係は否定するけれど 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2013/01/07 12:04)

【相談実例】修復しようとしたけれど…性格不一致に悩む夫婦 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2012/11/08 12:56)

【相談実例】もういや!!夫の女癖、借金癖 久保田 優子 - 離婚アドバイザー(2012/11/14 00:00)

【セックスレス夫婦】30代夫がセックスをしない理由 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2012/08/10 19:11)