12.互いの幸福を by 本田宗一郎氏 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

12.互いの幸福を by 本田宗一郎氏

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
リーダーの言葉

互いの幸福のために



マクドナルドの管理職における
長時間労働の末の残業代未払い訴訟
が世間を騒がせました。
裁判所は支払いを命じました。
そのあまりにも過酷な労働条件を考えれば、
妥当な判断と言えます。

この判断を受け、2008年3月から
セブイレブン・ジャパンが、
管理職扱いの店長に対して、
残業代を支払うことにしました。

余波は、広がっているようです。

「名ばかり管理職」

という言葉が世間を席巻しています。
外食産業に限らず、
多くの会社で今、クローズアップすべき
問題なのかもしれません。

HONDAの創業者本田宗一郎氏に
こんな言葉があります。

「経営者も従業員もお互いに協力し合って
 企業を大事にして、
 自分が幸福になりたいための企業である
 ということにめざめるべきだと思う。
 企業のために徹するために
 自分が犠牲になるという考え方ではなくて、
 自分が幸福になるために
 企業をお互いに大事にし合う」*1

企業が従業員の生活を傷つけはいけない。
それと同じように
従業員が企業を傷つけていけない。

もし、そうできたら素晴らしいことと思います。
でも、これは理想論なのでしょうか。

本田宗一郎氏は、
「自分のために働け」
ということを日頃から言っていたそうです。

ただ、そのホンダにも労働争議はありました。
本田宗一郎氏は、組合を前に土下座をしたことがあると、
本に書いてあります。

全ての企業において、
訴訟になるような労働実態があるわけではありませんが、
本田宗一郎氏の言葉を噛み締め、
会社側と従業員側で、互いの幸福を追求するような
企業努力が払われることを祈ります。

EARTHSHIP CONSULTING
*1「俺の考え」(著 本田宗一郎 新潮社)