年末調整の注意点 生命保険料控除が改正されています - 税務全般 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年末調整の注意点 生命保険料控除が改正されています

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務全般
やさしい税金教室

生命保険料控除の取扱いが平成24年1月1日から変更されました。

生命保険の契約日によって取扱いが異なりますので、

10月頃から保険会社から送られてくる控除証明書の記載を

よく確認してください。

 

<改正点1> 

一般生命保険料控除から、介護保険と医療保険が独立して、

一般生命保険料控除と介護医療保険料控除に分かれ、

個人年金保険料控除を含めた3種類になりました。

 

<改正点2>

各保険料控除の上限が5万円から4万円に下げられましたが、

2種類合計で10万円だったものが、

3種類合計で12万円に拡大されました。

 

ただ、やっかいなのは、平成23年までに契約した生命保険は

旧制度のまま温存され、平成24年に新たに契約した生命保険は

新制度が適用される折衷方式なので、

いつ契約した保険なのかを判断しないと、

どの保険を控除用に使うか、沢山保険に入っている方の場合には、

迷われることになるのではないでしょうか。

 

【平成23年12月31日までに契約されている生命保険】

・一般生命保険料控除 上限5万円

・個人年金保険料控除 上限5万円 合計で最大10万円の控除

従来どおり。新制度と併用する場合、各々上限4万円に減額。

 

【平成24年1月1日以降に契約された生命保険】

・一般生命保険料控除 上限4万円

・介護医療保険料控除 上限4万円(一般生命保険料控除から独立)

・個人年金保険料控除 上限4万円 合計で最大12万円の控除

 

生命保険で節税を考える際、これから加入される方の場合には、

介護保険や医療保険の加入を検討することになるでしょうね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「やさしい税金教室」のコラム

宗教法人課税について(2011/02/18 11:02)

「年末調整」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

会社側でほとんど代行できる 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/14 01:00)

年末調整について 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/11 01:00)

生命保険料控除の改正 三瀬 宏太 - 税理士(2012/02/15 17:48)

医療系保険による保障の考え方 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/03 07:00)

保険料の仕組み 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/01 07:00)