進化するコンセント - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

進化するコンセント

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
新築計画時に悩むものの一つに「コンセントの位置」があります。

部屋の使い方や使用目的で高さやテレビ端子付・電話端子付など分けますが、洗濯機や冷蔵庫裏の位置は最も気を使います。

以前、事例でトラッキング火災訴訟なるものがあり、設計・施工・施主間の責任問題が問われた事件があったそうです。

トラッキング火災とは、コンセントプラク上に溜まったホコリが発火し、火災が起きる現象です。

設計時の注意点としては、施主さんがプラグ清掃しやすいように洗濯機や冷蔵庫の裏に隠れないようにすることですが、高い位置に設定してもなかなかメンテしないものです。

そこで、ショートした際に自動で電源が切れ、アラーム機能までついたコンセントを推奨するようになりました。



参考 河村電気
http://www.kawamura.co.jp/electric/pretrack.htm

コンセントは後からでも付け替えられますので、ご心配な方は電気工事屋さんなどにご相談されてはいかがでしょうか(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)