社長貸付 - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長貸付

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、廃業について。

社長贅沢型の倒産によくありがちなお話を紹介しています。

現金残高に続いて怖いのが社長貸付です。

つまり会社が社長に対してお金を貸し付けている状況です。


これが何を意味するのか?

つまり社長が給与以上のレベルで私生活を送っていることを意味します。

仮に役員報酬が50万円に設定されているとします。

ところが社長の私生活を維持するには毎月60万円が必要です。

だとすると、月々10万円ずつ会社から社長にお金が流れていきます。

この10万円が社長貸付です。


通常、小さな会社では社長借入、つまり私生活から会社に対して

お金を貸している状態が普通です。

それが逆転している状態は好ましくないことが多いです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

お車、何台お持ちですか? 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/19 01:00)

ちょっと余談:社長さんの趣味 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/17 01:00)

現金残高 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/15 01:00)

倒産に至る道 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/14 01:00)

オーナー社長は必見!役員社保削減成功実例集をプレゼント! 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/17 09:08)