リフォームのススメ 防水その2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォームのススメ 防水その2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
リフォームのススメ
今回は防水リフォームの2回目です。

コンクリート表面上にプライマーを塗布し乾燥後、下地シートを1層張ります。
このシートは吸水性が高いため、雨の降らない日をチェックして施工する必要があります。

全面張り終えると、周囲の立ち上がり部分にウレタン防水を巻き込んでおきます。

今回の工事にはもう一つポイントが!

屋上階の面積の広さがあるため、アスファルト防水に溜まった「湿気」がウレタン防水施工後、熱で蒸気になり表面を浮き上がらせたり空気溜まりができる恐れがあります。。

そこでアスファルト防水でも利用される「脱気筒」を設けることにしました。

画像が2枚しか載せられないので、「脱気筒」は次回に(^^)

下地シートを全面張り終えた景観が雪が積もったように見えますねw

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「リフォームのススメ」のコラム

秋はリフォームシーズン(2012/10/28 16:10)

2010年シェルター計画(2010/01/07 09:01)