生活保護とブルックス・ブラザーズのブレザー - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生活保護とブルックス・ブラザーズのブレザー

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 先日、ヘラトリ(インターナショナル・ヘラルド・トリビューン)を読んでいたところ、一つのコラムが目にとまりました。それは、アメリカに住むあるキャリアウーマンが、かつて事情があり、日本でいうところの生活保護を受けていたときのこと、生活状況を見に来た係りの人に、部屋の中にブルックス・ブラザーズのブレザーがあるのを見咎められ困った、ということがあったそうです。

 その女性は、仕事上の必要がある、と弁明したそうです。(そのブレザーは、たぶん紺色ですね。)

 生活保護は、最低限度の生活を保障する憲法上の権利です。しかし、税金がもとになっているのですから、放漫に流れてしまうことは許されません。

 生活の向上を願う意志と能力のある人には、是非、生活保護を受けるだけの状況から、より高級の(高給の?)仕事へと、ステップアップしてもらいたいものです。

 そのためには、ブルックス・ブラザーズのブレザーが、決して贅沢品でなく、仕事の必需品だという職場もありそうです。私も、弁護士業務中の大半は、スーツですが、ここぞというときにブレザーを着ることがあります。

 日本で、同様のことがあった場合、市役所、区役所の職員からは、どのような判断がくだされるでしょうか。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

オスプレイ着艦に想う小林秀雄の放言 大塚 嘉一 - 弁護士(2013/12/27 10:54)

女性による家庭内暴力が増えている 大塚 嘉一 - 弁護士(2012/09/06 12:06)

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)

むち打ちで適正な賠償額を獲得するためには 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 11:38)

交通事故でむち打ちにあったら 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 10:42)