ソフトウェアのセキュリティ解析と著作権 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ソフトウェアのセキュリティ解析と著作権

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
知的財産権についてのトピックス2008
情報セキュリティ関連技術の開発のため、ソフトウェアのリバース解析と著作権法との関係が問題になっているようです。

セキュリティソフトウェアを開発する場合には、対象とされるソフトウェアについて、例えばクローズされていないポートなどを検査したり、またその他の脆弱性などについて調査することが必要となります。

この場合、ソフトウェアがリバースアナリシスを受けないよう、ソフトウェア作成者がプロテクト手段を設定している場合、プロテクト手段を削除したり、不機能化、またはパスワードなどによる復号させることも必要になる場合があります。

このような手続についてもソフトウェアの改変、技術的保護手段、著作権管理情報などのと関係で著作権法上、取扱が微妙な所のようです。

ただし、特定のソフトウェアについてセキュリティソフトウェアを開発するためのソースコードを解析することがソフトウェアメーカー自身でしかできず、また第3者が都度許諾を受けなければならないというのも公正な目的のためのリバースアナリシスにとってもどかしい所もある、と言う状況のようです。

このため、公正目的でのリバース解析の取り扱いを含め、2010年までに著作権法の改正を含めた検討が開始されるようです。

今後の動向など注目したいところです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁理士)
特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士

知的財産権をより身近にするサービス

知的財産について、化学(ナノテク)、機械、土木建築、制御技術、情報処理、ソフトウェア、ビジネスモデル特許などの分野でご希望・お困りの場合には、お気軽にご相談下さい!

カテゴリ 「知的財産権についてのトピックス2008」のコラム

中国知的財産権レポート(2008/12/25 12:12)