税務事例10月号「相続税課税財産の認定を巡る諸問題」 - 相続税 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税務事例10月号「相続税課税財産の認定を巡る諸問題」

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
雑感 業務その他

月刊税務事例10月号が届きました。

特集「相続税課税財産の認定を巡る諸問題」で2つの事例が

紹介されていますが、1つは元九共大の弓削先生、

もう1つを私が執筆させていただきました。

 

名古屋地裁平成20年12月11日判決(税資258号順号11102)

亡き父親の相続に際して、子が相続したものとされた預金を

母親が排他的・専属的に管理してきた場合に、

この預金が母親の相続財産になること、

この預金を相続財産ではないとして税理士に申告させると

「事実を隠ぺい」したことになること、

が明らかになった事件です。

 

この特集は、酒井克彦国士舘大学教授から、税理士の専門家責任に

関心があったよね、との打診を受けて書かせて頂いたのですが、

先送りされている相続税の改正のからみから、

相続税に関心を寄せ始めた昨年から、相続づいている感じがします。

 

相続財産該当性については、名義を移せば相続財産から外れる、

というわけではなく、実質的にその財産の支配管理関係がどうあるのか、

がポイントになるんですね。

この事件でも、名義は母親のものではなくても、母親が支配管理してきた

財産であるとの認定を受けて、相続財産と認定されています。

 

相続税負担を減らすことばかりを意識して、間違った相続対策を

とることがないよう、ご注意いただきたいものです。

相続対策には十分な時間をかけて取り組んでいただきたいですね。

 

 

来週10~12日に東京ビッグサイトで開催される中小企業総合展には

私が関わってきた荒川区の後継者育成プロジェクト“あすめし会”が

A-178ブースに出展します。

テーマは事業承継。

親の事業の強みを引き継ぎつつ、明日のメシの種としての新規事業展開に

取り組んできた“あすめし会”の取り組みも、相続がらみなんですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「雑感」のコラム

経営力強化保証制度(2013/05/10 13:05)

脱税事件が・・・(2013/03/05 22:03)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/23 07:51)

不均等相続が一番! 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/27 13:13)

小規模宅地等の減額の改正(減税) 大黒たかのり - 税理士(2014/08/21 17:10)

相続時精算課税適用対象者の範囲の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 09:00)

相続税の基礎控除の引き下げ 大黒たかのり - 税理士(2013/02/19 09:00)