遺留分権者と遺留分の割合 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺留分権者と遺留分の割合

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
相続

3 遺留分権者と遺留分の割合

 遺留分権者は,兄弟姉妹を除く法定相続人,すなわち,配偶者,子,直系尊属になります(民法1028条)。子の代襲相続人も,子と同じ遺留分を持ちます(民法1044条・887条2項3項)。

 遺留分の割合は,直系尊属のみが相続人であるときは1/3,その他の場合は1/2になります(民法1028条)。遺留分を有する者が数人いる場合には,相続財産の1/2あるいは1/3のうち,相続分に対応する部分が遺留分になります(民法1044条・900条,901条)。

相続人

配偶者

直系卑属

直系尊属

単独相続の場合

1/2

1/2

1/3

配偶者と共同相続した場合

1/4

1/4

1/6

【事例】において,遺留分算定の基礎となる財産を2億円とした場合,妻乙の遺留分額は,2億円×1/2×1/2=5000万円となり,長男丙および次男丁の遺留分額は,2億円×1/2×1/4=2500万円となります。

 

このコラムに類似したコラム

場合によっては、おいやめいも相続人に 佐々木 保幸 - 税理士(2012/10/19 01:30)

波平の財産を相続できるのは? フネを考える 岩田 佑介 - 不動産コンサルタント(2010/06/10 11:54)

子どもら名義の預金の取扱いにご用心 酒井 尚土 - 弁護士(2014/05/14 10:16)

相続時精算課税適用対象者の範囲の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 09:00)

相続税の基礎控除の引き下げ 大黒たかのり - 税理士(2013/02/19 09:00)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!