「お年寄りの顔を輝かせたい」 作品展をプロデュースしました - 老後の生きがい - 専門家プロファイル

石崎 公子
travessia 代表
東京都
ヒキダシスト/Comunication Specialist

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「お年寄りの顔を輝かせたい」 作品展をプロデュースしました

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の生きがい

私が提供している新サービスの一つに、「大人の発表会」があります。


「大人の発表会」とは、自分の趣味などを披露する(=人に見てもらう)こと。

子どもの頃にワクワクドキドキした学芸会やピアノの発表会。

学生時代の文化祭。

誰もがきっと経験したことがあるでしょう。

その準備と当日は、充実感たっぷりで夢中になったことと思います。

けれども、大人になって家族ができたり、仕事が忙しくなったりして、そういうことは忘れがちになったり、遠くに置き去りにしてきた人も、多いに違いありません。
でも、“いい大人”になった今こそ、大人ならではの披露する場や自慢する場を作り上げてみよう!と提案し、その会場探しやプロデュースを行っています。


「大人の発表会」ネタは、大人になってから始めた趣味、若い頃からずっと続けてきていること、ひたすら集め続けてきたコレクションなど、なんでもあり。

発表会自体はもちろん、人に見てもらう場を作ることで、旧交を温めながら楽しいお酒が飲めたり、疎遠な人との再会が実現したり、家族や親戚などを集めてファミリーの絆を再確認できたり、と副次効果も捨てがたいものがあると思います。


この「大人の発表会」で、9月10日~11日、東京・池袋でアートの作品展を開催しました。

とは言うものの、この作品展は趣味の披露ではなく、発表者がライフワークとして開発に取り組んできたアートの披露。

趣味を披露する、という主旨からは少しはずれますが、お年寄りの幸せにつながる作品展です。


高齢化社会は今に始まったことではなく、社会問題としてどんどん深刻化しています。

この作品展開催の背景は、考えさせられることが多いので、少し紹介します。


発表者は、看護職として介護現場での15年の経験がある長瀬教子さん。

デイサービスや老人ホームなど、要支援・要介護のお年寄りが通う(または居住する)施設に働く職員にとって、お年寄りにどのように時間を過ごしてもらうかは大きなテーマだといいます。

ぬり絵や工作、脳トレと称した簡単な計算問題などが提供されることで、お年寄りの尊厳を損なうこともしばしばだそうです。


お年寄りの「子どもじみていてイヤだ」「こんなことはやりたくない」という声。

限られたコストの中で、いかに気持ちよく過ごしてもらうか?介護や介助のプロが、お年寄りにイキイキ過ごしてもらうためのノウハウは、職員個人の工夫次第という現実。

誰にでもできるような均一な手作業への不満が、意欲低下や認知症につながっていく様子を、職員は間近で見ていることもあり、熱心な職員ほど苦悩は大きいと言います。


そういう中で長瀬さんが注目したのは、不用品を活用するアート。

それも出来栄えが上質で実用的なもので、種類が無限大なのでネタ切れせず、お年寄りも職員も飽きることがないもの。

しかも要支援や要介護のお年寄りでもできるようなもの。

段ボールに花びらを植える(プランティング)という作業など、オリジナルアクティビティとして長瀬さんが開発し、自ら勤務する施設で取り入れた結果、そのアートにイキイキと取り組むお年寄りが増え、お年寄りの顔が輝くようになり、それ自体がハリとなっていくようになったそうです。少しづつ近隣施設(埼玉県内)にも導入されるようになりました。


そこで、開発したアートの多様性や、種類の豊富さを、より多くの人に見てもらいたいということで、「大人の発表会」がプロデュースし、9月10日~11日に東京・池袋で

「お年寄りの顔を輝かせたい

高齢者アートとプランティングフラワー展」を開催しました。


開催直前には新聞にも掲載されました。


来場者はほとんどが介護現場で働く人たち。とても熱心に説明を聞いたり、もっと学びたいという人まで。

作品展の模様は、「大人の発表会」サイトで、開催報告を掲載しているので、介護関係に関わる方にはぜひ知っていただければと思います。


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

年老いた時、身内に介護されることを喜びますか? 平川 裕貴 - マナー講師(2014/01/08 10:00)

介護保険制度でサービスの見直し 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/05 11:06)

医療ソーシャルワーカー(MSW)をサポート致します 斉藤 進一 - 建築家(2012/10/05 08:32)

終の棲家は賃貸がお勧め 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/20 10:00)