・車買取業界の仕組みその3オークションと小売 - リスクマネジメント・BCP - 専門家プロファイル

相澤 英宏
有限会社A.I.JAPAN 日本初廃車コンサルタント
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

・車買取業界の仕組みその3オークションと小売

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. リスクマネジメント・BCP

オークション会場は全国に150か所以上あり、実際には日本以外にもあります。


この会場には出品する側と落札する側があり、売る人と買う人がいるということになります。

売る側には主にディーラーの下取り車や中古車展示場で売れなかった車、買取専門店が買い取った車があります。

買う側には同じくディーラーの中古車センター、中古車販売店など仕入担当、他には外国のバイヤーさんもいます。


さて、車をあなたがほしい時に一番出費を安く抑える事が出来る確率が高いところはどこだと思いますか?


そうです!出品される前の状態がもっとも安いのです。

では、それはどこに行けばより多くの車の中から自分の好きな一台を探せると思いますか?


答えは車買取専門店です


理由はディーラーや中古車販売店の仕入れはもともと自社で販売ができそうな車を買取をする傾向があり、そうじゃない車は買取専門店に流れてしまうような値段しかつけません。

と言うことは販売専門店の車は自社の特徴に合わせた車は仕入れの段階で値段が高めで仕入れているからです。


極端にいえば「販売店の特色にあった車は仕入れ自体高い」というわけです。


それに引き換え買取専門店はもともと転売先であるオークション相場が仕入れの目安なので安い訳です。


その結果あなたがほしい車を探そうとしたときには車買取専門店でそのお車を探すことができれば

非常に安く購入できるチャンスが多くなってくることになります。

車買取専門店ではオークションに売るだけではな小売(一般に販売する事)車を買える事を知らない方も多いかと思います。


しかも、びっくりするくらい販売店より安い事も流通の仕組み上あるので是非この情報を活用してみてください。

このコラムに類似したコラム

スマートフォンの販売状況は好調 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/01/25 10:37)

スマートフォン販売統計調査 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/08/26 10:10)

スマートフォン販売統計調査 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/06/29 10:47)

iPhone6の売れ行き 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/09/22 09:59)

医薬品のネット販売問題いまだ解決せず 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/02/12 10:31)