遺言の付言事項 - 遺言 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺言の付言事項

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言
相続

3 付言事項

 遺言は1で挙げた遺言事項を,ただ簡潔に書けばいいものではなく,その内容が相続人全員に納得してもらうものでなければなりません。

 なぜなら,遺留分を放棄していない相続人がいれば,遺留分減殺請求権によって,その内容は制約を受けることになりますし,その内容通りに相続が行われたとしても,残された相続人間に確執を生じさせてしまい,後の会社の経営に影響が生じることもあるからです。

 そのためにも,遺言には,付言事項をある程度書いておくことも必要と考えられます。具体的には,遺言による財産分配の方法についての理由を記載することがよいでしょう。

このコラムに類似したコラム

遺産分割ー遺産共有の暫定性 村田 英幸 - 弁護士(2012/09/29 15:45)

相続分の指定と相続債務 村田 英幸 - 弁護士(2012/09/29 12:47)

●兄弟姉妹に遺留分はありません 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/10 10:13)

【法律事務所のコラム:相続の身近なお悩み】第1回 松野 絵里子 - 弁護士(2011/07/12 09:45)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!