取締役の任期についての定款 - 定款作成・認証 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 滋昭
(公認会計士・税理士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

取締役の任期についての定款

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 定款作成・認証

 取締役の任期は,選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとされています(会社法332条1項)。ただし,定款または株主総会の決議によって,その任期を短縮することができます(会社法332条2項)。また,公開会社でない株式会社(委員会設置会社を除きます。)において,定款によって,取締役の任期を選任後10年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで伸長することができます(会社法332条2項)。非公開会社は,実態として所有と経営が分離していない会社が多く,株主に役員の信を頻繁に問う必要性が相対的に低いため,役員の任期の伸張を認めました。2年毎の任期にしておけば,会社にとって好ましくない取締役を排除することが簡単ですが,長期の任期を設定した場合,会社にとって好ましくない取締役を解任することは容易でありません。そのため長期の任期とするかどうかはよく考えてから決めなければなりません。

(定款案)

(取締役の任期)

第○条 取締役△△の任期は,選任後10年以内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結の時までとする。

2 その余の取締役の任期は,選任後2年以内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結の時までとする。

3 任期満了前に退任した取締役の補欠として選任された取締役の任期は,前任者の任期の残存期間と同一とする。

このコラムに類似したコラム

【よくある相談】 定款とは? 辛島 政勇 - 行政書士(2010/05/31 16:49)

休眠会社が強制解散されるのを、知っていますか? 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2014/11/06 09:00)

起業について思うこと 3 ~資本金の金額 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/06/28 00:41)

起業について思うこと 2 ~起業の形態 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/06/15 17:30)