「“日経平均VI先物”選ばれる!」 - 投資相談全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「“日経平均VI先物”選ばれる!」

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 投資相談全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、イギリスの金融誌「フューチャーズ&オプションワールド」において、2012年の“最も革新的な金融商品”として、大阪証券取引所の「日経平均VI指数」が選ばれました。

“VI”とは、「ボラティリティー・インデックス」の略で、別名“恐怖指数“などとも呼ばれています。

投資家の心理状態を示す値のため、VIが低ければ相場の先行き安心感があり、高ければ先行き不安感を持っているとされています。

日経平均VIは、市場が予測する日経平均の先行きの振れ幅を指数化したものです。

振れ幅が大きくなる(リスクが高まる)との予測が、市場において増加すると、指数は上昇していきます。

従って、今後株価が急落すると考える投資家は、同先物を買っておけば、損失を埋める“ヘッジ効果”が見込めるわけです。

それにしても、日本の金融商品が、評価を受けることは喜ばしいことですが、日本の株式市場が低迷を続ける中、下落基調でも“効果”を発揮するという商品が選ばれたのも、皮肉な感じがします。

有効な指数だとは思いますが、個人的には、日本の株式市場の上昇とともに、活性化を切に望むところです。

「海外分散投資」を信条としている私ですが、日本にもきちんと資産配分は行っています。ただ、運用結果が芳しくないのが、残念です。

どうやって、魅力ある市場を作っていくかが、今後の課題ですね。

 

では、今週末も良き日となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

国際分散投資が簡単にできる「海外ETF」 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/04/03 10:00)

新春!無料セミナー受付開始 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/01/21 16:57)

確定拠出年金、大半が元本割れ!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/12/16 15:42)

アセットアロケーションを考える 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/28 09:01)

10番目のETN(株価指数連動証券) 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/06 12:00)