嬉しいことではあるけれど・・・ - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

藤島 淑子
株式会社インディプロス 代表取締役/コンサルタント
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

嬉しいことではあるけれど・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
等身大の私 コンサルタントとして...
一つのクライアントさんとのお付き合いが長くなっていくと、
私たちは、だんだん何でも屋のような役割になっていきます。


プロジェクトを進めていくうちに、色々なこまごまとした相談を受け、
それに答え、ときに新たなプロジェクトを立ち上げて対応し・・・

ということを繰り返していくうちに、
「とりあえず相談すれば、何か出してくれるだろう」と思われるようで。



とっても嬉しく、ありがたいことなのですが、ときにはそれが、
自分の中での葛藤を生み出すことに。。。


「頼られ、アテにされるのは嬉しい」

「でも、クライアントにとって、私がやるのがベストなのか?」

「しかし、ビジネスという意味ではやるべきだ」

「でもValueが出なかったら逆効果だぞ」



そんな、いろんな思いが頭の中をグルグル駆け回ります。

本当に、コンサルタントは営業や経営と掛け持ってはいけないな、
とつくづく思ってしまいます。



で、結果的には、クライアントにとっても、コンサルタントとしての
自分にとっても、会社にとっても、最善の落としどころを模索して
いくことになるわけですが、

その葛藤のプロセスは、とても苦しいものがあります。
(というか、クライアントにとってのベストが何かを考えることが、
 そもそも難しい・・・)



それでも、私を一番の理解者として相談してくださるクライアントに対する
責任感と、愛情と、それからコンサルタントとしてのこだわりを持って、
プロフェッショナルな対応をしていきたいと思います。



※インディプロスのコンサルティングのこだわり・想いはこちら