103万円・130万円の壁?賢い女性の働き方は?(1) - 保険選び - 専門家プロファイル

羽田野 博子
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役/(株)アドバイザーズIFA
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

103万円・130万円の壁?賢い女性の働き方は?(1)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
知っておきたい基礎知識
よく扶養の範囲で働くのがお得と言うことを言いますが本当でしょうか?

103万円とは1月〜12月までの収入で計算します。
交通費は非課税なので入れません。

103万円以内は税制上の扶養、つまりご主人の配偶者控除が受けられ本人にも所得税が課せられない範囲です。
所得税の配偶者控除は38万円、住民税の配偶者控除は33万円です。
でもこの金額の税金が増えるわけではありません。

所得税はご主人の所得によって税率が異なりますが、年額で10%か20%です。
住民税は翌年の分に反映しますが、一律10%です。

また、所得税で言えば103万円を超えても141万円までは配偶者特別控除があります。
配偶者特別控除に関してはこちら
国税庁「配偶者特別控除」

では130万円と言うのはなんでしょう?

・・・次回に続く・・・・