退職者の取り扱いについて - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

退職者の取り扱いについて

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
人事の種明かし
今日は、退職者の取り扱いについて、書いてみたいと思います。

但し、今回は「解雇」(懲戒解雇、諭旨免職等)のような特殊な
ケースではなく、自己都合による退職について、人事の目線から
お話しさせていただきます。

自己都合による退職理由は、新人であれ、ベテランであれ、一番
多い理由は、“気持ちがしらけ”“仕事に意欲がわかない”事の
ようです。マンネリと簡単に片づけられる程、その遠因は簡単な
モノではないような気がします。

こういったケース、上長が解決できない場合、人事が調整に入り、
退職を希望する本人と、ざっくばらんに話をするんですが、慰留 
が難しいのは、会社の風土や上長との相性、本人もうつの状態に
近い場合、強く引きとめきれない、というのが本音です。

それでも、当面の仕事に支障がきたさないように、辞め方の条件
交渉に入っていき、会社の事情や本人の気持ちを勘案しつつも、
粛々と、落とし所を探っていくのが、人事の仕事です。

この時、やっかいなのは、上長との人間関係が悪化し、周りにも
何かしらの影響が懸念される時です。こういった場合は、もっと
上の層(役員等)と相談し、社内的な異動や配置転換も絡めて、
出来る限り迅速に、退職処理にあたっていきます。

最後に、いつも退職者と向き合う中で、人事として心がけていた
心構えについて、お話ししておきたいと思います。

それは、立つ鳥跡を濁さず、と相手をかなめると共に、いつでも
一人の人間として、相手の行く末をおもんばかり、出来る限りの
エールをおくる事。どんな縁でも、縁は大事にしたいものです。