今話題の『肩甲骨』を動かすゴルフピラティス - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今話題の『肩甲骨』を動かすゴルフピラティス

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

おはようございます。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


最近よく、耳にしたり目にする「肩甲骨ダイエット」

肩甲骨を刺激して、代謝をアップすることによってカロリーを消耗させるというのが目的です。

肩甲骨はゴルファーにとってもスイングをするときに動かす部分なので、肩甲骨をしっかり動かして、ゴルフのスコアも代謝も同時にアップしちゃいましょう。


Snow Angel

1.仰向けに寝て両膝を立て、骨盤はニュートラルポジション(骨盤を床と並行にして、背中の下に手が入る状態)。両手は45度の角度におきます。

2.鼻から息を吸って肋骨を絞めたまま、両手を頭の上に持ち上げます。口から息を吐きながら両手をカラダの横まで下ろしていきます。

3.息を吸って頭の上まで両手を戻し、同じことを繰り返します。5回から10回行いましょう。


両手を頭の上にあげると、肋骨が開きやすいので肋骨をしっかり絞めて、お腹を背中の方に引き込んでおきましょう。

両手を上げたり下げたりするときは、肩甲骨から動かしていきましょう。

肩が上がりやすいので、肩の力を抜き、鎖骨を開くようにして、できるだけ両肩も床から離れないようにしましょう。肩の内旋もなおしていきます。


肩甲骨を動かす意識を忘れずに!!



このコラムに類似したコラム

ゴルフ専門雑誌「ゴルフダイジェスト」の取材を受けました 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/11/02 23:17)

ケーブルテレビJ:COM『ステキ+Life』の収録がありました!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/25 20:19)

体幹トレーニングでベストスコア更新! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/30 22:37)

肩甲骨を動かす!広げる!首~背中周りのストレッチ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/31 21:02)

肩甲骨、寄せる!動かす!代謝アップ!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/29 13:07)