ささいな観察から - 社会保険労務士業務 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

羽田 未希
(社会保険労務士)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ささいな観察から

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険労務士業務
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験
 私の会社勤務時代、別部門に事務系で派遣社員の女性がいました。当時組織が大きく変わったりする中で、一時ほとんど雑用ばかりの担当になっているように見え、以前何度か“こんな仕事ができれば…”という話も聞いたことがあったので、“今はたぶんつまらないんだろうな”、などと思いながら見ていました。
 
 ある日たまたま話す機会があり、何の気なしに“最近雑用ばかりでつまらないでしょ?”と話しを振ると、思いのほかびっくりした顔で“なぜ雑用ばかりって知ってるんですか?”とのこと。“見てれば何となくわかるけど…”と言うと、今度は思いのほか嬉しそうに“わかってくれる人がいたんだ…”とのこと。“理解者がいると思うとちょっと気が楽になります”と何も考えずにいったことなのに必要以上に感謝されてしまいました。“上司は自分の気持ちにはまったく気づいてないんですけどねえ…”と愚痴は言っていましたが、彼女の気が晴れたならまあ良かったか、などと当時は思ったものです。

 何が言いたいかというと、人はどんな些細なことでも気に留められ、理解されるとうれしいということ。よく観察して気づいた小さな変化は相手に伝える、こんなことの積み重ねも組織での信頼関係作り、更には仕事そのものにも良い影響を与えるようになるのだと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム