日経記事"五感を超える力英知使いこなせるかネット人類未来"考察 - 各種の経営コンサルティング - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事"五感を超える力英知使いこなせるかネット人類未来"考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 各種の経営コンサルティング
情報・知識 インターネット環境・検索・市場規模など

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバザイザー 山本 雅暁です。

9月24日付の日経新聞に、『五感を超える力 英知、使いこなせるか  第1部 巨大データの光と影(1)』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『インターネットが普及し始めて約20年。その存在は黎明(れいめい)期とは比較にならないほど巨大になった。

コンピューターの性能向上と小型化、価格の低下。とどまることを知らない技術革新がネット利用者の裾野を爆発的に広げ、それがまた見たこともないような力を人類に与える。

ネットの巨大な力をわれわれは使いこなせるか。史上まれにみる挑戦が始まる。

記憶力は無限大。目ははるかかなたを見通せる――。IT(情報技術)を使い、人類をサイボーグ並みにパワーアップする研究が進んでいる。場所は東京・目黒の東大駒場キャンパス。体験に出かけてみた。

■薄れる境目

まずメガネ型デバイスを試す。重さ36グラム。かけ心地はごく普通だが、手元の英文を目で追うと、隣のパソコンからそれを読み上げる声が聞こえてきた。メガネに組み込まれたカメラが眼球の動きをとらえ、何に注目しているのか分析。役立つ情報をデータベースから探し、音や文字で知らせるしくみという。

「この人、名前なんだっけ」「あの漢字の読み方は」。頭の中の記憶はあいまいでも、メガネでネットと直結していれば膨大な情報源から必要なデータを瞬時に呼び出せる。ど忘れ、勘違いの心配はもう、いらない。

カメラ付き小型ヘリコプター。こちらの動きに連動し、しゃがむと高度を下げ、ジャンプすると急上昇した。体を離れた目玉のように操れ、遠い場所からも映像をディスプレーに送ってくる。サッカー選手のシュートを至近距離で見る、危険な事故現場に潜入する……。視野の概念がぐんと押し広げられる。

研究を主導する教授の暦本純一(51)が言う。「境目がわからないほど人間とITが統合されるのが今後の世界。知力や身体能力、健康さえも高められる」。ITによる人類の進化。それが今、片りんを見せつつある。

都内に住む伊藤浩平(28)はホームページ制作などを手がけるフリーのソフト技術者。仕事場でもある自宅を訪ねるとパソコンに入力した一文を見せてくれた。「私にとってネットはバーチャルではなく、現実です」

生まれたときから耳が聞こえない。スキルを生かそうにも営業活動は難しかった。だが、受注から納品までネットでできるサービスと出会い、景色はさまがわりした。

伊藤が使うのは2008年設立のランサーズ(鎌倉市)の仕事紹介サイト。システム開発やデザインなどを外注したい企業と働きたい個人をつなぐ。登録者は9万人。主婦や地方在住者などこれまで能力を眠らせていた人々が少なくない。

 「1万人が年500万円稼げるようにしたい」と社長の秋好陽介(31)。ネットは既存の産業を壊し、雇用を奪うとの悪玉論もある。一方で従来の統計ではとらえきれない働き方に道を開いた。「アラブの春」のような派手さはないが、日本でもネットが「静かな革命」を促している。

■力増す企業

人類が価値創造の器として生んだ「企業」もネットで力を増す。トヨタ自動車もそのひとつだ。

「やはり現地現物。現場で感じることに勝るものはない」。社長の豊田章男(56)は最近、日々の業務や思いを専用のSNS(交流サイト)につづる。約60人の役員も同様だ。急な環境変化に備えリアルタイムで問題意識を擦り合わせる。販売やサービスにかかわる世界1万人の社員を結ぶSNSもある。トヨタ全体で最善の知恵と経験を、国境を越えて共有する。

IBMによると、世界のデータ量は今後3年で40倍になる。容量16ギガバイトのスマートフォンなら5兆台が満杯になる量だ。24億人に達するネット利用者の発するデータが今後も幾何級数的な膨張を続けるとなれば、問われるのは人類の英知だ。

。。。』


本記事では、ITの可能性について様々な視点から考察し問題提起しています。本ブログ・コラムでは、ITが起こす革命の中から、ベンチャーや中小企業の経営・事業に与える影響と活用方法について述べます。

ITを使わない人は少数派になりつつありますが、依然として未だ多くの人たちがその恩恵や影響を理解していないのが実情です。

ベンチャーや中小企業の経営者の中には、ITを使う前に理解不能なものに対するような感じで躊躇する人たちがいます。

私は、支援先企業の経営者でITを使わない、或いは、積極的に活用しない人がいると、先ずパソコンの前に座ってもらうために、Skypeによる会話や会議を行うことを提案します。

電話や直接会って話をするのではなく、Skypeを通じて会話や会議を行うことで、ITを使ったツールの利便性と低コストさを実感してもらうのが目的です。

Skypeの場合、10人程度までなら会議を行えます。物理的に移動しないで、移動時間を短縮でき、無料で長時間話したり、パソコン上の画面に表示される情報やデータを共有しながら、その場で修正を行い、会議開催中に資料の確定も可能になります。

一旦、このようなITを使う利便性を理解すると、ITに対する目の色が変わってきます。

並行して、自社のWebサイトを持っていない企業に対しては、積極的に当該サイトを構築・公開するようにアドバイスし、実行してもらうようにしています。

また、Webサイトを持っていても積極的に更新していない企業に対しては、自社商品やサービスの紹介、最新の出来ごと、社長や社員のこだわりなどについて、ブログを含めてひんぱんに書くよう強く勧めています。

このようなアドバイス、或いは、支援している理由は、ITの影響力を体感してもらい、それをどう自社の事業に活用するか能動的に考えてもらうためです。

Skypeの利便性を理解すると、お互いに時間が取れれば、直ぐに話をして決められるようになり、経営のスピードが格段に速まった企業も出てきました。

首都圏と地方の企業では、時々、電子メールや電話では意思疎通が出来ない事項をSkype会議を行うと、直接会って話をするのと同じ効果を生み、お互いに出張する手間暇や交通費や宿泊費などのコストを省けるだけでなく、連携で行うプロジェクト運営もスムースに行えるようになっています。

また、自社のWebサイト自身が会社の顔になると実感している経営者も増えています。これらの企業は、Webサイトを積極的に更新するようにした結果、サービスや商品に関する問い合わせが増えて、売上増につながり始めたことや、相手先からの信頼感が向上したことを実感しています。

ITの利便性や効果を体感した経営者は、ITを使った宣伝広告や販売にも関心を持ち、比較的低コストで各種専門家の力で自社内に仕組みを作り維持運営したり、通販サイトを活用し海外向けも含めて直販を行う企業も出てきました。

更に、技術開発を売りにする企業の中には、ITを使って地方にいる、或いは、在宅の技術者と各プロジェクトごとに短期契約を結び、自社で不足している部分をアウトソーシングするところも出てきました。

対象は、ソフトウエア開発であったり、回路設計や試作品開発など様々な分野です。記事にありますランサーズのような仕事紹介サイトを使ったりして探し、いったん関係が出来て信頼感をもつと、その技術者に直接依頼するようになります。

このように、IT活用は中小企業経営のやり方を変えると共に、顧客との付き合い方や、他社、或いは、各種専門家との連携の仕方なども変えて、お互いに大きな相乗効果を生みだしつつあることを体感しています。

今後の中小企業にとって、ITを柔軟にかつ巧みにに使いこなすこなして、経営に生かしていくことが重要課題の一つになります。

記事にありますように、今のトヨタのようにITを使いこなしましょうとアドバイスしています。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバザイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

J-SaaSの今 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/09/18 10:23)

攻めのIT経営中小企業百選のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/10 11:44)

経営におけるITの重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/21 11:01)

日経コンピュータ・サミットのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/11/28 10:11)

ITコストはますます下がる 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/05/09 10:42)