スコアメイクに必須!パッティングのためのコアトレーニング④ - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スコアメイクに必須!パッティングのためのコアトレーニング④

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは、ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


先日から「スコアメイクに必須!パッティングのためのコアトレーニング」についてお伝えしています。

少し間があいてしまいましたが、今日もパッティングをアップさせるためのエクササイズをご紹介させていただきます。

パッティングを安定させるためには、骨盤の安定が大切です、今日は骨盤を安定させるためのエクササイズです。

ご参考

コークスクリュー 

ローテータカフ(回旋筋)



トゥーリフト

1.仰向けに寝て両膝を立て、両手は掌を下にして45度の角度に起きます。骨盤はニュートラルの姿勢で準備。

2、鼻から吸って右脚をテーブルトップ(膝を曲げて床から90度の角度)までアップ、息を吐きながら本の位置に戻します。

しっかり肋骨を絞めておきましょう。特に足を下ろす時に肋骨が開きやすいので(=腰が反りやすい)、気をつけましょう。

3.さらに左脚を同様に息を吸ってアップ、息を吐きながら本の位置におろしましょう。

4.左右交互に5回~10回繰り返します。

5.さらに、息を吸って両脚を90度の角度まで上げます。

息を吐きながら両脚を本の位置に戻します。

特に両足を上げて下ろす時に腰を反らしやすいので、しっかり肋骨をしめておきましょう。

同じく5回~10回繰り返します。

動きはとても簡単ですが、無意識に行うと、骨盤から動いてしまいがちです。

骨盤を安定させて藍を動かしていきましょう。骨盤を安定させるには、肋骨を絞め、骨盤底筋を引き上げお腹を薄く!!



このコラムに類似したコラム

アプローチやパッティングの正確性を高めるトレーニングとは? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/11/19 22:49)

体幹トレーニングでベストスコア更新! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/30 22:37)

6/15(土)「Golf Pilates & Virtual Golf Lesson」-アプローチ&パッティング 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/06/11 23:00)

パディングのアドレス&ロングパットのチェックポイント 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/09 22:42)

スコアメイクに必須!パッティングのためのコアトレーニング③ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/09/14 17:00)